保険の意義を考えてみる

リスクに備えるためのもの

私たちの周辺には、いついかなる時でもリスクが付きまといます。病気をする、事故などに巻き込まれてけがをする、最悪死亡することも考えられます。台風や地震などの自然災害の被害を受けることもありますし、第三者に何らかの損害を与え賠償責任を背負うこともあり得ます。

もしこのような突発的なアクシデントが起きたときに、個人の財力だけで対処するのには限界があります。皆さんの中には不測の事態を考えて貯蓄している人もいるでしょうが、場合によってはその貯蓄をはるかに超えるお金が必要になることもあります。

例えば自動車を運転しているときに交通事故を起こし、被害者が亡くなったとします。この場合、損害賠償として数億円単位のお金を請求されるかもしれません。実際に3億円くらいの賠償請求は判例としてありますし、そのようなお金を自力で準備できるのは限られた人だけでしょう。 そこで保険が重要な役割を担います。自分が誰かに損害を与えてしまった場合、病気やけがなどで治療費が必要になった時のことを想定して補償の受けられる制度が保険です。

保険料の意味

リスクに対して貯蓄で備えるのも一つの方法です。しかし貯蓄の場合、経済的損失を被った時点で貯めた貯蓄額の範囲でしか対応できません。

保険は相互扶助システムによって成り立っていて、「万人は一人のために、一人は万人のために」という考え方の下で成り立っています。保険に加入すると保険料を月々支払います。

保険料の一部は保険会社の運営費や人件費などの必要経費として使われます。しかしその他のお金はプールされます。そしてもし保険が必要な事態に加入者が遭遇した場合、このプールされているお金から保険金が支払われる形になります。

保険であれば、貯蓄額を超えるような損失が発生しても、必要な補償額を確保できます。人生の中ではどのようなアクシデントが待っているか予想がつきません。貯蓄をするといっても、生活費や子どもの教育費、マイホーム購入費用などで出ていくお金も大きいでしょうから、保険で準備しておきましょう。

保険ショップ検索・予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の予約サイト タウンライフ ほけん相談

保険の基礎知識

生命保険の基礎知識

生命保険は、人間の生命や病気・怪我にかかわる損失を保障することを目的とする保険です。
たくさんの種類があり、保険ごとにその内容も異なるため、自分にあった保険を選ぶことが大切です。

損害保険の基礎知識

自然災害や事故、盗難など、わたしたちの身の回りには様々なトラブルの可能性があります。
損害保険は、非常に幅広い種類があります。数々のリスクに備えて、最適な保険を選びましょう。

契約時の注意点

保険の契約にあたっては、契約内容や条件、提出する書類など、再確認しておきたいものです。
また、後々のトラブルを回避するためにも、契約の前にきちんと確認しておく必要があります。

保険ショップについて

保険ショップでは、特定の保険会社の商品のみではなく、複数の保険会社の商品を扱っています。
ショップに在籍する保険のプロに相談することで、より最適な保険を選ぶことができます。

シーン別の保険

ライフスタイルによって、必要な保障や、どの時期に保障を受けるべきかが異なってくるものです。
状況やライフステージごとの、保険の考え方についてまとめました。

Go Top