タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 宮脇建設

宮脇建設

地元の木をふんだんに使った あなただけの「こだわりの空間」

お客様の建てたい家はどんな家なのでしょうか?
家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。

ワンランク上の家を建てるだけではなく、家だけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わる全てのことを、私たちは総合的にご提案しています。多くのハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。
その後で、最後に私たちの見学会に参加していただければ、なぜ当社がワンランク上の家を建てれるのかがわかるでしょう。

気になる方はぜひ、宮脇建設までお問い合わせください。

家づくりへの情熱

昭和53年創業、約40建設業に携わっています。
代表は今も現役の父、宮脇利雄です。
68歳です。

私は宮脇圭一です。41歳です。
宮脇建設は家族経営の小さな工務店です。

我が社の建てる家の特徴は健康、快適、安心の3つあります。

一つは自然素材を内装に使った家です。
代表的なものに沖縄のサンゴや和紙を使った塗り壁があります。
これらを使うことによって、現在の建材に含まれている化学物質を減少し、シックハウス症候群やアレルギーなどが発生し難い家を作っています。
自然素材と言えば、高いという印象がありますが、我が社は自然素材の家づくり研究会という会に入り、本物の自然素材を適正な価格で仕入れることが可能なので、ご安心下さい。

二つ目は省エネ住宅です。
一軒一軒お客様が建てる土地に合ったカッコイイデザインで断熱も考慮した家です。
気象庁のデータを基に松山市の卓越風を考慮した窓の配置や、日照シュミレーションにより、室内の明るさや室温もわかります。
だんだんと日本の夏は高温化しています。
エアコン無しの生活は考えられないと思いますが、昼間留守の家に夜帰ってきた時、少しでも室温が低ければエアコンをつけて適正温度になる時間は短くていいはずです。
そうする事で省エネになります。
我が社の省エネ住宅とはパッシブデザイン住宅と言い太陽熱、自然風、日射をコントロールして、設備に頼りきらない家です。

三つ目は地震に強い家です。
昨年の熊本地震などあり、松山市でも、昭和56年以前の木造住宅には耐震改修工事に補助金が出ています。
松山市も今後来るであろう東南海地震の影響を受ける為に、色々な対策を講じています。
我が社の作る家は耐震等級3で阪神大震災の1.5倍まで耐えることができる家です。
我が社も、単に家を作ればいいという訳では無く、今後大地震に耐えれる家を作っています。
お客様ご家族の幸せを願い、家族を守る家を作ることが我が社の使命だと思っています。

基本情報

企業名 宮脇建設
所在地 〒791-8016 愛媛県松山市久万ノ台560-10
交通アクセス 伊予鉄道高浜線「衣山駅」より徒歩15分
問い合わせ先 TEL:089-904-1783
FAX:089-924-4803
9:00~18:00
対応可能エリア 愛媛県 詳細な対応エリアを見る
設立 1978年4月3日
代表者氏名 宮脇 利雄
資本金
従業員数
こだわりポイント 媛檜の家(パッシブデザイン住宅)
対応可能工法 木造軸組工法
アフター保証 株式会社 住宅あんしん保証 第04726号
株式会社 日本住宅保証検査機構 A6003093
各種資格者 ・二級建築士
・暮らし省エネマイスター
・整理収納アドバイザー2級
各種免許 建設業許可番号:愛媛県知事許可 (般-24) 第16273号
二級建築士登録:愛媛県知事登録(媛)第9003号
会社URL http://www.miyawakikensetsu.jp/

T様邸

木に囲まれた落ち着きのある空間を目指し、柱を見せ壁は構造用合板仕上げにしました。
来客者に気を使わせないよう、1階を書斎と客間兼趣味の空間の大広間にし、LDK・ユニットバス・子供部屋など生活空間は2階に。


TV番組でも取り上げられています!▽

・お家ラボ 2015年8月15日放送
[ https://www.youtube.com/watch?time_continue=616&v=ufCqgEcSHrI ]

工法 木造軸組工法
所在地 愛媛県
竣工年 2011
コンセプト 「未完成な部分を残し、時間をかけて自分好みに仕上げていく」

O様邸

O様は当時ご家族3名で、2階にロフト付き大空間の子供部屋を建てて欲しいというご要望でした。

また、奥様から対面式のキッチンとリビングを広めにとのご希望があったので、日当たりと動線を意識した間取りと、奥様の身長にあわせたキッチンを採用しました。

寝室横にはウォークインクローゼット、玄関の横にはベビーカー等もおけるシューズクロークも設置し、収納の充実した家となりました。

工法 木造軸組工法
所在地 愛媛県
竣工年 2008年

COLABO STYLE(パッシブデザイン)

機械に頼らず、太陽光、太陽熱、そして風といった建物の周りにある「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする、設計思想・設計手法のことをいいます。 自然の光や風を上手に活用し、室内を冬暖かく、夏涼しくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。 建物そのものが快適性を生み出します。

工法 木造軸組工法
コンセプト 自然エネルギーを利用し、健康的な暮らしを実現する

RAKU MAMA STYLE

rakuママのお家

「ママ」の家庭での役割はとても重要。毎日大忙し。

多くの家庭で家事のほとんどはママが行っています。

ママが家事の負担やストレスから少しでも解放されるといいな!を元に、

ママ目線のお家づくりをしたい。

そんな気持ちから、「Rakuママの家」は誕生しました。

工法 木造軸組工法
コンセプト ママ目線の家づくり

トピックス・お客様の声

施主様の喜びの声 T様

入居当日から「住み心地が最高で、本当に良い家だ。」と感じました。完成から1年半になりますが、不満や不安は一切なく、むしろ満足感が高まっています。こちらの要望を100%生かした上で、プロならではの技術と発想を細部にまでもりこんでいただき、『大満足』の一言。決して豪邸ではありませんが、個性的な自慢の家を手に入れることができました。宮脇建設さんに、「ただただ感謝」もう一度、家を建てることになっても、誠実さあふれる宮脇建設さんに必ずお願いします。

トピックス・お客様の声

施主様の喜びの声 O様

私たちははじめ、ハウスメーカーの住宅展示場に足を運び、見積もりを取りました。私たちが家にかける予算ギリギリのプランで、営業さんと打ち合わせが進み契約寸前の段階で、宮脇建設さんの話をききました。。正直、「ワンランク上の家」を建てるというキャッチフレーズが信じられなくて、半信半疑で見学会に参加しました。
しかし、「え~~、何でこんな凄い家がこの金額で建てられるの?」と、正直ビックリしました。
それまで、ハウスメーカー数社から見積もりを取っていましたが、宮脇建設さんはそれよりも凄い家を、(後でわかったのですが)適正価格で建ててくれるのです。高級外車1台分は違うのです。
結局、私たちはハウスメーカーで建てるのをやめて、宮脇建設さんにお願いしましたが、ハッキリ言って満足しています。