タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 健康創造住宅   株式会社パートナー建築事務所

健康創造住宅   株式会社パートナー建築事務所

 健康創造住宅 光熱費のかからない省エネ住宅 耐震・制震住宅 そんな私らしいを“カタチ”にする家づくり

私たちは、お客様が「自分らしい個性のある家づくり」をするためのお手伝いをさせていただいております。高気密高断熱の健康住宅、温度と湿度で健康を守る蓄熱低温床暖房 地震に強く揺れを減少させる
「制震システム」更にFFC免疫住宅へと移行した、こだわりある家づくりを得意とする建築事務所です。

住まいはデザインも、価格も、健康も大切、加えて耐震等級3の最高レベルの家で揺れも半減させる制震住宅、無垢材にこだわり仕上げます。

デザイン重視の注文住宅。素材にもこだわり、健康を重視した自然素材、無垢材を使用したエコハウス。構造は「2x6工法」「2x4工法」そして国産無垢材を活かした『真壁工法』にこだわります。すべての建物で耐震等級3を満たす構造計算を実施してそれをもとに構造材を選び、施工をします。
温暖化の影響で首都圏では住宅の45%は白蟻被害に遭遇しているとか・・・白蟻対策のためコンクリート一体打ちの『基礎断熱』を採用。床下は家の中と考えると猛毒の白蟻除去剤は使えませんし、土台などにも薬剤を加圧注入した木材は使えません。しかし、床下の換気は必要なので「ハイブリット1種換気システム」を採用。詳細はホームページで!

基本情報

企業名 株式会社パートナー建築事務所
住所 〒350-1179 埼玉県川越市かし野台2-3-9
交通アクセス 西武新宿線 南大塚駅から約13分
問い合わせ先 TEL:049-241-8107
FAX:049-241-8108
9:00~19:00
対応可能エリア 埼玉県 詳細な対応エリアを見る
設立 1986年2月18日
代表者氏名 仲澤誠
資本金 4000万円
従業員数 5名
こだわりポイント 建築デザイナーと創る原価の見える家造り
対応可能工法 枠組み壁工法「2x4・2x6工法」2.7メートルの天井高も。
『ハイブリット剛床・壁法』在来木造の長所と枠組み壁工法の長所を活かし内装にも国産無垢材を使用。
柱と梁を表しにした「国産無垢材・真壁の家造り』母大樹の家
アフター保証 (財)住宅保証機構
住宅性能保証制度・住宅完成保証制度登録店
各種資格者
各種免許 二級建築士事務所登録 (1)第10955号
一般建設業許可 埼玉県知事(般‐23)第039018号
会社URL http://www.lamoo.co.jp/partner/index.shtml
http://www.8107arch.net/index.html

都市型民家200年住宅『母大樹の家』

外観は民家風にはしないけれど、内部には太い杉と無垢の床、壁や天井は自然素材の塗り壁 に藁すさをいれて素朴に。

床面積
床面積備考
工法 国産無垢材『母大樹の家』
所在地 飯能
竣工年
コンセプト 杉の持つ質感を最大限活かした太い柱と梁の見える家

※クリックして拡大。

湖畔の家・・・国産桧4寸角・真壁の家造り

国産桧四寸角を使い木造のよさと枠組み工法の良いところを合体。 通し柱は使わず、床、壁、屋根は構造合板を使った耐震・制震住宅

床面積
床面積備考
工法 在来木造・剛床構造・真壁の家
所在地 東大和市湖畔
竣工年
コンセプト 外観はシンプルに中は国産材を表しにした安らぎの家

※クリックして拡大。

プロバンススタイルの家

本場プロバンスの瓦、漆喰、スペインタイルなど本格的に使った モデルハウス

床面積
床面積備考
工法 2x6工法
所在地
竣工年
コンセプト 地中海の明るいイメージをそのままに!

※クリックして拡大。

本社モデルハウス

アンティークレンガを使った「2x4工法」の3階モデルと温室のある「2x6工法」のモデルハウス。

床面積
床面積備考
工法 2x4工法・2x6工法
所在地 川越
竣工年
コンセプト

※クリックして拡大。

イングランドブリックスを外壁に使った事務所

街の中に違和感なく溶け込む事務所、全面に車のスペースも。中に入ると都心にあるモダンなオフィスと錯覚するような仕掛けがたくさんあります。 冬暖かく夏は涼しい事務所、川越の中心にありながら、騒音がまったく聞こえない。

床面積
床面積備考
工法 2x6工法
所在地 川越旧市街地内
竣工年
コンセプト 快適で景観を配慮した事務所

※クリックして拡大。

オフィスを2x6工法で造る

間仕切りの多い住宅とは逆に、出来るだけ広々としたワンルームを作り用途に合わせて空間を仕切っていく。そんな事務所にも「2×6工法」は威力を発揮します。 2階建てのオフィスは、総合保険を取り扱う損保代理店の本社です。いつでも好きなように、増改築も出来るそんな魅力も兼ね備えていてしかも高断熱・高気密で省エネルギーなのがとても助かると喜んでくれました。

床面積
床面積備考
工法 2x6工法
所在地 さいたま市
竣工年
コンセプト

※クリックして拡大。

アジアンスタイルの家

自然素材にこだわる、それもアジアン風に懐かしい素材をこだわって選んだ家です。 柱と梁には太い国産材を使い、古びたイメージを自然塗料でかもし出します。吹き抜けの高いで上を見上げると、黒い登り梁と明るい網代天井が明確なコントラストを描いています杉の八寸大黒柱を16本も使って建ててきた「アジアンスタイルの家」

床面積
床面積備考
工法 国産無垢材『真壁工法』
所在地
竣工年
コンセプト

※クリックして拡大。

子育て世代が実現したこだわり住宅。太陽光発電を搭載し省エネルギーにも配慮した本物の健康住宅。

20代の子育て世代が取り組んだ住まい作り。 落ち着いた雰囲気を考え、外観的にシンプルに仕上げた。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト 太陽光のエネルギーを取り入れ、ツートンカラーのシンプルモダンなデザインで仕上る。

※クリックして拡大。

シンプルお洒落なイギリスアンチィ-ク煉瓦を全面に張りあげた美容室併用住宅。

山の斜面に建築された美容室兼住宅、デザインにもこだわり本物のイギリスアンティーク煉瓦を全面に使用し重厚感あふれるお洒落な建物です。 赤レンガに縁取りされた白い窓がアクセントとなり一段と目をひく外観に仕上がりました。 遊び心を要所に取り入れ、それでいてこだわり抜いた仕様もあり、楽しく・面白く、そんな住まいです。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト 山間の敷地に赤いアンティーク煉瓦が飛び込んでくる佇まいの、迫力ある店舗併用住宅。

※クリックして拡大。

家族のコミュニケーションを温かく育む二世帯同居の家。シンプルなデザインにも気品あふれる住まい。

そのこだわりはデザイン、性能のみならず設備やタイル一枚にも、打ち合わせの合間にありとあらゆるショールームに足を運ばれた熱心さには脱帽です。  断熱気密も建物を外側からすっぽりと包み込む「外断熱工法」に内断熱を加えたW(ダブル)断熱。  すぐれた気密性・断熱性に、安定した温熱環境の地熱を利用し省エネで快適な暮らしを実現させました。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト W断熱+地熱利用の家 全てにおいて徹底的にこだわった渾身の住まい

※クリックして拡大。

ダイナミックな吹抜け空間!デザイン性と性能にとことんこだわった本物の健康住宅!

お客様のご要望である吹き抜け空間とデザイン性のある家というテーマの下、何度もプランニングしてようやく固まったのが写真のお宅です。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト 建物の気密・断熱が良いからこそ大胆に空間を広く且つ無駄なく使う。

※クリックして拡大。

見た目は平屋。空間を最大限利用した二階建て住宅。

スタイルとしては、和洋折中 和過ぎず洋過ぎずというお客様のご要望のもと打ち合わせをかなり密にやらせていただきました。その中でも奥様の実務を兼ねたピアノ室の配置やデザインには多くの時間を費やしました。 またリビングの吹き抜けや二階の旦那様の書斎との空間のつながり、何処にいても気配を感じられる住みやすい家になったのではないでしょうか。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト 建物の気密・断熱が良いからこそ大胆に空間を広く且つ無駄なく使う。

※クリックして拡大。

南フランスの装い 3階建て二世帯住宅

勉強熱心な奥様を中心にご家族の健康といかに快適に生活できるかにこだわって計画された家づくりでした。明確なイメージがあり雑誌の切抜きや2年もの間に集めた資料をお持ちで価値観を共有することがよりスムーズにできました。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト 7人のご家族の幸せのためこだわりぬいた家創り

※クリックして拡大。

職人も惚れたアンティーク煉瓦とハンドメイドガーデンを眺めながら暮らす家

ガーデニングが趣味なお施主様の為に、室内とお庭が一体の動線となるように設計されている。 玄関を開けると大きな開口部を通して、サンルームやテラスが見渡せる空間演出をしてみました。このサンルームは、玄関からでなくリビングや寝室からも一望できる場所。お部屋のどこにいても、木々や花々を常に感じる事が出来る住まい。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト 玄関を開けると素敵なテラスと庭園が見渡せる大きな開口部がポイント。

※クリックして拡大。

子供たちが明るく安心に暮らせる愛情たっぷりの30代の輸入住宅 こだわりの自然素材ダブル断熱の家

日当たり良好なプランを考え窓の多い多面的なデザインを採用しました。またオープンな吹抜けを設け、子供の成長を応援するような空間をつくりました。玄関脇のシューズクロゼットはベビーカーや三輪車など収納でき大変喜ばれたスペースになりました。リビングから2階へいく階段もこだわりのプランの1つです。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト 土地探しからお手伝いした、こだわり30代の家づくり。お子様に安心な高断熱・自然素材の家。

※クリックして拡大。

二つのスタイルが、心地よく融合する完全二世帯住宅

洋風、和風の異なったスタイルの建物を動線や渡り廊下に配慮をし設計してみました。二世帯住宅は、世代の違う家族が暮らす空間、それは生活のリズムが当然違いますのでお互いのプライバシーを守りストレスのない生活を送り快適に暮らせるように演出してみました。

床面積
床面積備考
工法
所在地
竣工年
コンセプト プライバシーを守り違ったスタイルがひとつの大空間になる所がポイント。

※クリックして拡大。

まだ登録がありません。

トピックス・お客様の声

住まいは心身をケアする大切な器

所沢で新築していただいたSです。実は古い家はそのまま修理してずっと使うつもりでございました。一年前に壁を塗り返したりし、きれいになったつもりでしたが、タンとセキが多くなり、特に家を解体した三月頃からは、タンに血が混じるようになり新しく出来上がっていく家を見ながら、一日でもいいからこの家に住みたいのに、防衛医大に入院か・・・と暗い気持ちでおりました。肺がん検査もし又、歯科での歯槽膿漏の出血かと調べたり、最後に耳鼻咽喉科に参りそこで鼻の奥に異常があるとの事、一部を取って調べましたがガンの心配は無いとの事、抗生物質をのんで治療しましたところ、4ヵ月ぶりで血は止まりました。ところがタンの量はひどく、講義をしていても、とらないと息が苦しく、ハンケチ2~3舞を用意するしまつ、夜も安眠できず(タンをとること)血はとまったもののやはり暗い気持ちでした。6月頃になってから、住環境、空気のわるさか、と考えるようになり極力空気の良い家や山ににげて日を過ごしてみたところ、少しづつ調子は良くなってきました。8月に入って、この家に住むようになってから、どんどん調子が良くなり、タンはほとんどでなくなり、とても嬉しい気持ちです。もう入院して死ぬのかと思っていた頃に比べ、パートナーを選び家を建てたこと(むすこの考えで)心より感謝しております。
私のこの家への魅力は、清涼感です。空気が澄んで涼しい木のにおいです。そのため頭が冴えてくること、大好きな音楽(CD)の響きの美しいこと。ヨーロッパで有名な音楽祭に20日ほど招待されて行ったことがありますが、その時の音色がよみがえる思いです。これからも良いお仕事が出来ますようお祈りいたします。

トピックス・お客様の声

頭の良い子に育つ家

私達がパートナーと始めて出会ったのは約3年前になります、そのころいくつかメボシイ土地はあったのですがなかなか価格的にも立地条件的にもこれだというものが見つかりませんでした。そんな中、パートナーの営業さんや設計士さんには色々な物件に足を運んでもらいその度にその土地にあったプランを作成していただきました。
 ようやく土地が見つかり、実際の建物の設計打ち合わせでは設計士さんが本当にこちらの要望を細かく丁寧に聞いてそれをまた細かく解りやすく図面に書いてくれたお陰で非常に我が家をイメージすることが出来ました。
 そして実際の工事に入ってからは図面通りに家が出来上がって行くのを家族で楽しみながら携らせていただきました。パートナーさんと家を造るという夢を叶えられた事を本当に心から感謝しています。

建物の気密・断熱が良いからこそ大胆に空間を広く且つ無駄なく使う。

 お客様のご要望である吹き抜け空間とデザイン性のある家というテーマの下、何度もプランニングしてようやく固まったのが写真のお宅です。
 吹き抜け空間の壁面には下から上まで大きなガラス面を配置することによって明るく開放感があり、外から見たときもとても存在感のあるデザインに仕上がりました。
 家の中のデザインはお客様ととことん打ち合わせを重ね全体的にシンプルではありながら、部分部分にアクセントになる色や部材をつかうことによってとても存在感のある空間に仕上がりました。
 建物の性能は内・外ダブル断熱でこんなに開放的な大空間があるにもかかわらず、真冬でもぽかぽか暖かいんです。とお客様からもご満足お言葉をいただきました。

トピックス・お客様の声

練馬の二世帯住宅

パートナー建築事務所さんとの出会いは、会長の榎本さんが書いた『解体新居』と言う本を目にした事が始まりでした。それまで色んなショールームを見たり、住宅関連のコンサルティングを受けたりして勉強していましたが、本に書かれてる内容に興味が湧き、一度展示場を覗いてみようと思い所沢の住宅展示場に足を運びました。
 自分たちの考えているイメージとは、少し違うデザインの展示場でしたが、ひとつひとつの素材が住む人の健康を意識した選び方がされていて、デザインは自由設計で私たちの考えているイメージに対応してもらえそうな話なので検討してみる事にしました。
 具体的な設計作業に入る前に幾つかの現場を見させてもらいましたがその中で忘れもしません。完成後の引渡し直前の建物を見せて頂いた時のビックリ体験でした。一昨年の夏の暑い盛りの時にその建物に入ると、エアコンで冷えているのかと思うほどの涼しさで、思わずエアコンが作動してるんですかと聞いたところ、引渡し前で未だエアコンは設置されていません、地熱を利用していますのでその効果ですとの回答にパートナーさんなら自分たちの希望する住宅が建ててもらえると確信いたしました。
 おかげさまで快適な住まいにしていただけました。

トピックス・お客様の声

さいたまの家

パートナーさんとの出会いは、とてもひょんな事でした。夫婦共に埼玉の出身なので、家を持つなら埼玉で・・・と考えていました。そんな時、私が所沢市のタウンホームページをインターネットで何気なく見ていた時、“ネオプロバンス風の家”というような題名でパートナーさんのHPを覗いたのがきっかけで、いただいた本を読み、デザインだけでなく家の質に拘りがある会社という印象を持ちまして、モデルハウスの見学に行きました。
そこでも実は不思議な事に、ふっと所沢のモデルハウスへ行ってみると、中に入って気付いたら嶽石さんに説明していただいていた、という感じでとても自然にお家の良い所、そうではない所をどう改善できるのかを教えていただきました。この時点で、私達の家造りのモットーはシンプルでなじみやすい家でしたので、この点に関しても「パートナーさんなら一緒に相談にのってくれそうだね」と話しておりました。
もう一つ、私達が大変気に入って決めたポイントに、「この家の空気いいね」でした。
土地選びもかなり迷いましたが、パートナーさんにも見ていただいて 上手に家が建つかどうか、お隣さんや日当たり具合なども、見ていただいた上で土地を決められました。
工事が始まり、ほぼ毎日見学に行きました。途中小さな変更のお願いも親方が快く聞いてくださり、本当に感謝しています。明日で親方の仕事の部分が終わりという日には、少し淋しく感じました。
家が完成してみて、まず外観はイメージしていたとおりの素朴なのに暖かいイメージの家になりました。1つだけ私が、こうすれば良かったと思ったのは、バルコニーの広さと庇です。バルコニーの形は面積が同じでも、やや正方形に近い方が便利がいいし、庇もあった方がお天気が少しあやしい日でも心配なく洗濯物が干せます。生活スタイルにもよりますが、特に共働きの家庭では必要だなぁと思います。実際では今どうしているのか・・・と言うと、カフェの軒によく見かける色のカワイイロール式の軒を通販で購入する予定です。
パートナーさんの家はシンプル イズ ベストであり、そこに自分流の味をプラスできる家なのだと思います。
これから、どんな風に自分達風の味を出していこうか楽しみに考えています。

トピックス・お客様の声

所沢の家

この度の我が家の家づくりにあたり、皆様には色々とお世話になりました。
新しい家に住み始めて早くも4ヶ月が過ぎました。暑かったこの夏も大げさではなくほとんどエアコン1台で過ごせ、貴社がしきりに宣伝していた「高気密・高断熱」に関しては身を持って実感することが出来ました。(以前が外と変わらないほどスカスカの家だったので、なおさら感じるのかもしれませんが・・)早めに引渡し下さったおかげで、暑い夏も無事に過ごせ、お盆には親戚の方々にも(暑さで)辛い思いをさせることなく、本当に助かりました。
家の建て直しを検討し始めたのは一年半前。とりあえず第一歩として近所の展示場でも見てみようかと足を運んだのが所沢の展示場で、一番端から回ってその日の最後に訪ねたのが貴社のモデルハウスだったのも何かの縁だったのかもしれません。そうはいっても、その時点では貴社への関心はあまり無かったのが本音です。それから色々な会社のモデルハウス等に足を運び、他会社で具体的に話が進み、そこで決定しかけていました。しかし、その会社の提案プランや建築物(いわゆるお宅訪問)を見せてもらっても、何か心の中に「この会社にお願いして大丈夫?」という疑問が消えず、駆け込み状態で貴社の営業の方に連絡をとり、半ば賭けのような気持ちで提案を頂いたのです。「この会社にお願いして大丈夫?」という疑問が貴社に抱かなかったわけではありませんが、その第一提案に対し「早さ」「要望の汲み取りの高さ」「説明力」「誠実さ」「期待感」等が感じられ、貴社にお願いすることに至りました。これは家づくりを任せる会社選びにおいて、貴社が持つ財産「知名度」よりも重要なものだと思いますので、これからも大切にしてください。

家づくりがスタートしてからは設計の方との長い打合せが続き、仕事と幼い子供達を抱える我々にとってはかなりきつい時期でした。なかなか進展しなかったり、自分達の希望が叶えられそうも無かったりとつまづきの連続で、家づくりというものがこんなに苦労するものだとは思ってもみませんでした。“家づくり初心者”(その道以外の人で何回も建ててる人はほとんどいないと思いますが・・・)の私達にとっては、そちらからの具体的な実例や色々な提案をもっといただけたらもっと助かったかなと感じていました。しかし振り返ってみると、家づくりに対して「自分達が創っていく」という基本的な姿勢に気付かされ、一生懸命学習する良い機会にもなり、今では充実した時間だったとも実感しています。時間をかけて色々な要望をできるだけ汲み取る努力してくださった設計の方にも、今では心から感謝しています。営業、設計、現場監督等担当者の方々が、こちらの意見や疑問を話しやすくコミュニケーションの取り易い人ばかりで本当に助かりました。素人という立場から、勝手なお願いやトンチンカンな質問も多くご迷惑をお掛けしたかもしれませんが、気兼ね無く意見を交せたことはとても大切なことで、そのおかげで満足度の高い家づくりが出来たのだと思います。これだけ検討して出来上がったにもかかわらず、やはり住んでみてから「こうすれば良かった」と不満点がいくつか出てきました。しかし自分達が考え抜いて至らなかった部分でもあるので、その欠点も逆に愛着を感じてきています。自分達のできる範囲で自分達らしい家が出来上がったと実感してますので、これから家族共々この家と成長していきたいと願っています。

*** 入居後 一年が経過した我が家 ***

前略 ご無沙汰しております。
新しい我が家に住み始めて早くも一年が過ぎ、今では以前の古い家を思い出すのが難しい程慣れ親しんで生活しております。

新しい家では、友人達が集まりバーベーキューパーティーをしたり、子供達が喜んで走り回って遊んだり、料理が楽しくできたりと良い事がいっぱいです。何より子供達が「ここが自分のうちなんだよね」と、この家を気に入って嬉しそうにしている事が建てて良かったなぁと本当に実感しています。子供達の友達も招待したりして、子供が家を案内している姿は、なかなか良いものですよ。自分達でこーしたい・あーしたいと細かな所まで考え、その願いを叶えて下さったからだと感謝しております。
一年ですでに子供達パワーでキズ汚れだらけになっている我が家ですが、いつでも観に来て下さって結構です。ただ住めればいいだけの家ではなく、+αを考えている方は大歓迎です。


    

トピックス・お客様の声

狭山の家

家に引っ越して1ヶ月になりました。まだ、この家が本当にいい家か判断するには、時間が短すぎる。とは思いますが、今のところは満足しています。
この家に住んでみての感想を、これからの家を購入しようと考えている人の役に立ちそうなことを書いてみたいと思います。

◎ 建売りか?注文か?
自分たちで考えた間取りの家は、建て売りとはかなりの違いがありますね。
やはり自分たちの生活スタイルから考えるのと、逆に家に生活スタイルを合わせるとでは・・建て売りを買おうとしている人がいたら、今一度考えて、その家に自分たちを合わせようとしていないかを。
何軒かの建て売りの家を見学させていただきまししが、においが気になりました。
あまり体に良くないのでは?
パートナーさんの家は、そのような匂いがしませんでした。

◎ 間取り
かなり敷地が小さかったので、いかに広く見せるかを考え、ほとんど仕切りをつけませんでした。1階と2階に部屋を一部屋づつ。でも家全体でほぼ同じ温度なので問題ないですね。
1階は寝室とお風呂を持ってきたため、窓は小さめの高い位置につけました。少し暗いかなと思いましたが、1階全体を白のタイルにした効果でかなり明るいです。
窓をあまりつけたくない部屋には白い床は効果がありますね。

◎ 床
タイルの床は床暖房の効きが良いみたいです。比べたことがないのですが・・
あと、お風呂の脇の着替え部屋がタイルだと水気を気にすることが無くていいです。びしょびしょのままでも大丈夫。

◎ 窓
北に大きな刷き出し窓を付けたり、西の高い所に空が見える窓を付けたりと、周りの景色だけを考えた配置となっています。北風や西日のことを考えれば、普通の家ならかなり危険な窓の配置ですが、パートナーさんの窓は標準でかなり性能の高い窓がつくので、問題ないと思います。人の目を気にせず、景色を楽しむのは気持ちいいですよ。

◎ 台所
台所は今はやりの完全オープンにするか、台所の手元だけを隠くせるつくりにするか、迷いました。私たちは後者をとりました。これは助かりました。やはり台所の上には何も置かない状態にするのは難しいですね。

◎ 高気密・高断熱
高気密・高断熱の家の特徴なのか、家の中の音は響きますね。
少し慣れましたが、吸音などのことも考えたほうがいいと思います。
24時間換気のためでしょうか。家の中は乾燥気味です。家の中に洗濯物を干しても、乾くし、匂いもしません。洗濯物を干すところを家の中の洗濯機の近くにおいて道線を考えるのもいいと思います。カビなども気にしなくてもいいです。でも、寝る時は加湿器を近くに置かないと口の中がカラカラになります。

◎ スタイル
私たちの家はどちらかというとシンプルでもモダンな家かと思います。かなり木の部分も多いので冷たい感じはないと思います。和風や洋風の何々風などというのではないので、家具や小物をそれらに合わせることがない事が楽だと思います。特に、電化製品は何々風の家に合わせるのは難しそうだけど(電化製品はモダンなものが多いから)皆さんはどうしているのかな。