タウンライフ住宅ローン

住宅ローンで最初に考えるべきは、金利です。金利のタイプとパーセンテージを比較していきます。金利のタイプは、自分のライフプランと今後の起こるべきライフステージを考えて、選びましょう。金利のタイプは全期間固定金利と変動金利、固定金利選択型などがあります。全期間固定金利であれば、支払い終わるまでのシミュレーションは簡単です。固定金利選択型では短期の固定金利期間のものの方が金利は低くなっていますが、その後の優遇金利で不利なものもあります。また変動するものは、今後の金利の傾向によってどう変わるかをしっかりとシミュレーションしなければいけません。
提携ローンの不動産会社への手数料もそうですが、金利以外にかかる手数料などの付帯費用についても考えなくてはいけません。金利に比べて少額であり、住宅ローンの借入金自体が大きいため、比較的小さな費用をおざなりに考えがちですが、少しでも安くしたい場合にはこれも比較してみましょう。

三菱東京UFJ銀行

りそな銀行

楽天銀行

住信SBIネット銀行

新生銀行

常陽銀行

アルヒ

優良住宅ローン

低い金利で借りたいあなたには…

変動金利型の住宅ローン

安定した返済計画を立てたいあなたには…

固定金利型の住宅ローン

当初の金利を下げたいあなたには…

固定金利選択型の住宅ローン

初めての住宅ローンで考えるべきこと (住宅ローンの基礎知識)

マイホームの購入は、人生の中でも大きな買い物となります。もちろん、現金一括で購入する人もいますが、あくまでも少数派。多くの人が住宅ローンを考えます。今は住宅ローン減税などの税金の軽減もあるので、さらに家計に優しく、利用価値があります。

住宅ローンを利用する際に考えること (住宅ローンの借入計画)

住宅ローンを借りる際には、さまざまな手続きや用意する書類などがあります。住宅ローンを利用できるとしても、将来的にきちんと返済していけるのかどうか、どういったところで住宅ローンを組めばいいのか、などについてきちんと話合いをしておきましょう。

住宅ローンを利用できる人とは? (住宅ローンの審査)

住宅ローンの申し込みは、大きな額のお金を借りるわけですから条件や資格があります。まずは、給与所得者であり、職場の健康保険や社会保険の被保険者であることです。自営業の場合は、3年以上継続して現在の仕事をしている人が条件にあてはまります。

住宅ローンの疾病保障は必要か? (住宅ローンと保険)

住宅ローンサービスを利用した後、もしも利用者本人が働けない状態になってしまった場合でも返済は続けなければなりません。住宅ローンの疾病保障とは、そういった大病によって働けなくなった際に保障をしてくれるサービスのことを指します。

住宅ローンを見直す時のポイントは? (住宅ローンの借り換え)

住宅ローンサービスはほとんど全ての銀行で利用できますが、融資元の銀行によって金利が多少違います。少しでも金利が低いローンに借り換えることは費用面から考えても必要となります。それでは、どのようなタイミングで借り換えを行っていけば良いのでしょうか。

記事をもっと読む ≫

Go Top