タウンライフリフォーム

リフォーム費用と見積もり費用の価格比較ができる、タウンライフリフォーム。

トップページ > リノベ不動産|Three Eight(スリーエイト)

リノベ不動産|Three Eight(スリーエイト)

  • 会社情報
  • 商品紹介・特徴
  • リフォーム実例・実例
  • トピックス・最新情報・お客さまの声

国内最大級のリノベーションネットワーク

「中古購入+リノベーション」の一社完結住宅購入システムを、全国のお客様にご提案し「低価格」「好立地」「自分らしい」住まいを安心して叶えていただくために、日本初のワンストップボランタリーチェーン運営組織のリノベ不動産事業をスタートさせました。リノベ不動産ネットワークは全国へ拡大中です。

リノベーションで自由でワクワクする自分らしい住空間づくりを

今の日本ではリノベーション実現のためには「銀行」「不動産会社」「設計事務所」「施工会社」など様々な業種と並行しての打ち合わせが一般的です。顧客が主体となって各社と何度も複雑な交渉を重ねるという煩雑なプロセスに加え、利益相反の
関係性にある関係各社が、顧客の予算を取り合う現象も発生。結果、住み手のことを本当に考えたリノベーションが提供されていないという現状があります。
リノベ不動産では、「資金計画+不動産購入+設計デザイン+リノベーション工事+インテリア提案+アフターサービス」までを複数社完結型ではなく、一社完結型のワンストップソリューションとして提供することで、住む人が本当に叶えたかった本質的な暮らしを実現させます。

基本情報

企業名 株式会社スリーエイト
住所 〒121-0807 東京都足立区伊興本町1-12-2丸上ビル1F
交通アクセス 東武伊勢崎線竹ノ塚駅徒歩8分
設立 2012年9月1日
代表者氏名 簗瀬 浩記
資本金 1000万円
従業員数 30名
対応可能エリア 東京都 詳細な対応エリアを見る
対応可能住宅タイプ 戸建て /マンション /事務所・店舗等
対応可能リフォーム 全面リフォーム
水回りリフォーム
部分リフォーム
こだわりポイント 都内東エリアはお任せ下さい!加盟店200店舗突破!のリノベ不動産が手がけます。ワクワクを創造する”中古購入+リノベ+インテリア+ファイナンス”のワンストップソリューションです。中古×リノベーションで、今までにないワクワクを体験して下さい!ご来店の皆様全員に当社オリジナルブレンドコーヒーをプレゼント!
各種保証・保険 ・インスペクション(検査)建物保証
・24時間サポートデスク
・緊急トラブルサポート
各種資格者 インテリアコーディネーター・マンションリフォームマネージャー・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランナー2級技能士・管理業務主任者・宅地建物取引士・測量士補
各種免許 宅建業免許 東京都知事(2)第94929号
問い合わせ先 TEL:03-5838-1131
FAX:03-5838-1136
9:00~20:00(水曜定休)
会社URL http://three888.jp/

1.資金:家をつくるが見えてくる的確な資金計画

自分らしいリノベーションの第一歩は、どんな暮らしを叶えたいのかを描き出すことです。将来のライフプランニングも踏まえて、ファイナンシャルに長けたコーディネーターが的確な資金計算をご提案。中古購入やリノベーション工事予算、インテリアに必要な予算を見極め、お客様にとって最適なリノベーションプランを導きだします。

※クリックして拡大。

2.不動産:後悔のない中古住宅購入に責任を持って立ち会います

お客様のリノベーションを叶える中古住宅探しを開始します。立地や築年数だけでは見えてこない、構造のチェックや長期修繕計画や共有部分の管理状況に代表されるマンション全体の健全さを確認し、本当にお客様に住んでいただきたい中古物件をピックアップしていきます。お客様がわからない全てを私たちが解決します。

※クリックして拡大。

3.設計:間取りも設備も素材もまるでオートクチュール

リノベーションのプランニングはまるでフルオーダーの洋服づくりのよう。毎日の暮らしをアップデートしてくれる設計プランに、無垢材や塗り壁材のような上質な素材を組み合わせて、アクセントに印象的な洗面ボウルなどで遊び心を。憧れだった暮らしを叶えるために最適な設計プランをご提案いたします。

※クリックして拡大。

4.施工:お客様が描いた住まいの夢を職人肌のこだわりで叶える

中古住宅のリノベーション工事は、現在の住まいを正確に把握することが大切。給排水や断熱など、普段見えない箇所の老朽化や破損状況は念入りにチェックします。また、一般的なフローリングに比べて施工が難しいと言われる無垢材の取り扱いにも自信があります。一方、時にはお客様と一緒に左官仕上げを行うことも。住まいに愛着をもっていただけるよう心がけています。

※クリックして拡大。

5.入居・家具:自由な住まいづくりの次はインテリアにこだわって

家具だけでなく雑貨や家電、グリーンやアート。インテリアを考えるときはそのデザインや質感だけでなく、香りや視覚効果まで考えることで住まいのクオリティが向上します。安眠に効果的な照明選びや、くつろぎの時間を生み出すソファなど、オリジナル家具のご提案やオーダーメイド家具。家電を含めたインテリアコーディネートなども承っております。

※クリックして拡大。

6.アフター:リノベ不動産の品質管理がお引渡し後も続くように

ワクワクの暮らしを支えるため、お客様からの声を反映したサポート体制の整備を進めています。

※クリックして拡大。

AJITO~自由な暮らし~

スケルトンからのリノベーション。
床材は天然無垢材で傷の付きづらいオーク材を使用。
ダイニングには食事もできるカウンターを設置。
ダイニングとリビングの間は、コンクリート躯体現しの荒々しい壁で仕切り、
趣味の部屋やくつろぎの場など、誰にも邪魔されないあなただけの自由なAJITOに。
無機質な内装と間接照明で隠れ家感を演出。

※クリックして拡大。

自然素材に囲まれたあたたかい空間

自然素材にたくさんこだわった、ナチュラルテイストのやさしさいっぱいの空間。
天然無垢材のフローリング、漆喰の壁、木製の壁や棚など、どこにいても自然を感じられるおうちになっています。

斜め張りにした「サクラ」のフローリングが特徴的で、柔らかくあたたかい雰囲気を演出しています。

※クリックして拡大。

木のいろいろな使い方。

床板からはじまり、ドア、キッチンのボード、スリットとして用いた間仕切り。同じ『木』でも、用途によってその表情は様々。使用する部分によって材質を変えながらも、一つの空間として調和する物件に仕上がりました。

※クリックして拡大。

【マンション×フルリノベーション】O様邸

畳の空間が欲しいと、大胆にもリビングを小上がりの畳コーナーに仕上げました。
畳の下は、スライド式の収納も設けました。

・フローリング材には、家具にも多く使用されている「オーク」を全面に使用。
・玄関、WIC、キッチン背面などの棚は、すべて可動式。
・洗面室上部には、開閉式の室内窓を設け、換気にも優れています。
・リビング上部には、懸垂パイプを設置しました。
・パントリーのアールの開口もこだわりのポイントです。

※クリックして拡大。

自分だけの空間、がある暮らし。

趣味や仕事のための書斎的空間。誰もが欲しがる自分だけの空間だけれど、部屋をまるまる一つ使うわけにはいかない。でも、部屋の中にもう一つの空間を作り上げれば叶うかもしれません。かすれた風合いのブルーグレーの木材が空間を仕切り、小窓で光を取り入れる。キッチンの白いタイルや、隣接した青いタイルのカウンター。
ラフだけれど散らばりすぎない、”これぞリノべ”の空間に仕上がりました。

※クリックして拡大。

トピックス(最新情報)

【映画に出てくるような、好きなものに囲まれた空間 西野様ご夫婦】

※クリックして拡大。

[ http://eight888.co.jp/blog/archives/7 ]

映画に出てくるニューヨーク・ブルックリンのような、好きなものに囲まれた家。土間と靴棚がある玄関、小上がりのある寝室、こだわり抜いた壁紙とタイル、オーク材の床、お気に入りのソファやカーテン。新婚の西野様ご夫婦がリノベーションで目指したのは、いつまでもワクワクがある空間。お二人の希望に満ちた新生活に、彩りを添えているお宅にお邪魔した。

―― 随所にこだわりを感じる、シックでおしゃれなお宅ですね。
妻 もう私たちが好きなように作っただけです。間取りも全部自由に作り替えられたのが、本当によかったです。
夫 スリーエイトさんが手掛けられたリノベーション済みの他の物件も見て、すごくよかったので、そこに入居しようか迷ったのですが、一から要望を聞いて作ってくださるというので、だったら自分たちで考えてみようと思いました。

―― 最もこだわった点はどこですか。
妻 やっぱり、小上がりのある寝室ですね。ガラス張りにしてもらって本当に気に入っています。鮮やかなティファニーブルーのリビング扉もお気に入りですし、スイッチもタンブラースイッチにしてもらい、本当に全部要望を叶えてもらいました。結局、全部がお気に入りなんです(笑)。
夫 寝室もそうですが、玄関もこだわらせてもらいました。当初は土間を考えていたわけでなく、部屋にするつもりだったのですが、スリーエイトさんで土間のある物件を見させてもらって、すごくいいなと。妻がスニーカー好きで靴がたくさんあるので、だったら靴箱ではなく、飾れる靴棚にしてもらおうと思いました。これだけいっぱいありますが、僕の靴は6足しかないんですよ(笑)。
妻 好きなものしか買わないので、見せたいじゃないですか(笑)。なので、コンセプトは「見せる収納です」。お皿やコップ一つまで、全部お気に入りのものばかりなんです。私は、ジャーナルスタンダードの洋服がすごく好きで、同じ系列のACMEファニチャーの家具をよく見ていたのですが、前に住んでいたアパートでは置くことができなかったんです。それも叶えることができましたし、カーテンやソファは一目ぼれしたunicoのものにしています。

―― キッチンもオーダーの流し台を設置されたんですよね。
夫 妻が料理が得意なので、いろいろ考えた結果、オーダーで作ってもらいました。いろんなパスタも作ってくれますし、手羽餃子やもつ煮込みも絶品なんですよ。だから、寄り道せずに毎日ちゃんと帰宅しています(笑)。
妻 確かに仕事が終わると、ちゃんと真っ直ぐに帰ってきてくれます(笑)。2人ともお肉が好きなので、肉料理は和食・洋食ともよく作るんです。あらためて褒められると、照れますけど、うれしいですね。

―― 当初からリノベーション住宅を考えられていたのですか。
妻 2年間同棲していて、結婚を機に新居をどうしようか考え始めて、雑誌やネットで物件をいろいろ調べていたんです。最初は、2人とも同じ地元なので、地元に住みたいなくらいの気持ちだったのですが、ネットで見つけた、すごく素敵だと思ったいくつかの家をスリーエイトさんが手掛けられていたので、ご相談することにしました。
夫 僕たちは幼稚園の同級生なんですよ。2年前に地元で再会して、付き合いだしたのですが、やっぱり地元に住みたいなと。いろんな物件を見たのですが、土間のあったスリーエイトさんの物件を見させていただいたのが決定打でしたね。すごく素敵だったので。しかも、実際に地元のマンションでリノベーションをお願いしようとなって、いろいろと要望を出しても、「言ったもの勝ちですから」と嫌な顔一つせずに、相談に乗ってくれて本当に感謝しています。
妻 なんだかんだで、ものすごくわがままを聞いてもらいました(笑)。でも、せっかく家を買うのなら、毎日帰る場所なので、好きなようにしたいじゃないですか。それで、映画に出てくるニューヨーク・ブルックリンのような家にしたいって言いました。それが叶って、本当に幸せです。

―― これから、どのような生活を思い描かれていますか。
妻 子供は一人は欲しいなと思っています。あと、本当に家が気にいっているので、しっかりとお掃除をして、キレイにしています。年月が経ても、ずっと大好きな家のままにしたいですから。
夫 家にいるだけで、まだワクワクするんですよね(笑)。しばらく、ここでの生活を楽しんで、10年後くらいに実家をリノベーションできたらとも考えています。実は書斎があったらいいなとか、カリフォルニア風の家もよかったかなとも思っていたので、次の楽しみにしているんです。その時は、またスリーエイトさんにお願いできたらと思っています。

トピックス(最新情報)

【愛猫との暮らしを考えたアパルトマン風リノベーション N様ご夫婦】

※クリックして拡大。

[ http://eight888.co.jp/blog/archives/169 ]

温かな日差しが差し込むリビング、その壁沿いに設けられたキャットウォーク。無垢なオークをメインフローリングにしながら、柔らかみのあるロッジポールパインの床材を一部に取り入れ、ゴールドのドアノブからはさりげない高級感も。結婚11年目のN様ご夫婦がリノベーションされたマンションの一室は、愛猫との穏やかな暮らしを考えた、ゆとりある大人の空間になっている。どことなくパリのアパルトマンの香りが漂うお宅を拝見した。

―― お部屋を拝見して、すぐにネコ好きなご夫婦だと分かりました。
夫 前に住んでいた賃貸でもネコを飼っていたのですが、1年ほど前に死んでしまったんです。マイホームを購入することになり、最初に考えたのはシンプルだけど、またネコと楽しく暮らせる家にしたいということでした。リノベーションでは、キャットウォークだけでなく、猫がリビングと寝室を行き来できる通り穴もつけてもらいました。
妻 まだ新居にネコはいないのですが、また一緒に暮らすことが前提でした。あと、私たちは料理が好きなので、広さのあるキッチン、一緒に料理ができるカウンターも作りたいと思っていました。

―― 共通のご趣味があるのは素敵ですね。
妻 前に住んでいた家の近くのバルによく通っていて、そこで美味しかったワインに合う手軽な料理をマネして、2人で作ったりしています。一緒に作業できるカウンターだけでなく、食洗器も絶対にほしいと思いました。シンクも水が流れやすく、傾斜になっているものをオーダーしました。
夫 あと、サッカー観戦も共通の趣味で、2人ともFC東京のサポーターなんです。今はテレビ観戦することが多いのですが、新居ではご飯を食べながら一緒に見られるように、少し角度をつけたテーブルをオーダーで作ってもらいました。前の家より広いので、大きめのソファーも購入して、ゴロゴロしながら観戦していることも多いですね(笑)。このテーブルとソファーは2人のお気に入りなんです。
妻 前の家では、小さなソファーしか置けなくて、2人で並んで座ることができなかったんですよ。今では試合について、2人でああだこうだと言いながら、ゆっくり過ごせているので幸せです。

―― ライフスタイルにあった、くつろげる空間はうらやましいです。
夫 前に住んでいたアパートは、ロフトもあり収納スペースは充実していたのですが、手狭だったんですよね。リノベーションでは自分たちで間取りを決めることができたので、使い勝手がすごくいいです。ゆとりのある空間だと、心にもゆとりができたような気持ちになりますし(笑)。
妻 前の住まいではお風呂場が狭く、追い炊きもできなかったので、いつもシャワーで済ませ、ほとんど湯船に浸かったことがなかったんですよ。間取りを変えることができたので、洗面台を廊下に出すことで、大きめの湯船を入れてもらいました。同時に、洗面台はベッセルタイプのものに、トイレの壁紙も鮮やかな青系で、周りの床はチェッカーのクロスにしてもらい、かなりオシャレになりました(笑)。

―― 今のご自宅が気に入られているのがよく分かります。最初からリノベーションを考えていたのですか。
夫 ペット可の物件で、会社から通いやすいエリアというのは決めていましたが、最初は戸建てを考えていたんです。そのうちにマンションも検討に入れて、ネットでいろいろと探していたら、スリーエイトさんでペット可のマンションがあったので内覧したのがきっかけです。
妻 リノベーションにはこだわっていなくて、リフォームされたマンションくらいの認識しかなかったんですよ。でも、「間取りから何まで自由に変えられますよ」と聞いて、それはいいなあと。スリーエイトさんのショールームもすごく分かりやすく、いろいろなリノベーションができることを知ったので、お願いしようと決めました。でも、実際に打ち合わせになると、パリのアパルトマン風にしたいなとか、あれもこれもしたくなって(笑)。
夫 スリーエイトさんには毎回、半日以上もの長時間の打ち合わせに付き合わせてしまい、申し訳なかったです(笑)。全体的に白を基調にすることは決まったのですが、壁紙やドア一枚の素材までこだわったので、何度も変更してしまいました。
妻 いろいろ迷ったのですが、玄関横の部屋の天井は茶系、寝室の壁は青系と、ところどころ異なる色を入れました。最後の最後の段階で、梁をグレーに変更したのですが、さりげないアクセントになってすごく気に入っています。

――これから、どのような生活を思い描かれていますか。
夫 春くらいには、新たなネコを迎えたいです。前は1匹だったのですが、ネコが日中お留守番をしていてもさみしくないように、今度は2匹飼いたいと思っています。
妻 仲良くすごしてもらえるように兄弟のネコがいいかなとか、いろいろ考えています。あと、玄関が広いので、靴を履きやすいように小さめのベンチを置いてもいいかな。ベランダも植木など緑でいっぱいにしたいですね。壁にも下地を入れていただいたので、絵も飾りたいですし、いろいろと考えが膨らみます(笑)。