タウンライフリフォーム

リフォーム費用と見積もり費用の価格比較ができる、タウンライフリフォーム。

トップページ > 株式会社東急Re・デザイン(旧 東急ホームズ)

株式会社東急Re・デザイン(旧 東急ホームズ)

  • 会社情報
  • 商品紹介・特徴
  • リフォーム実例・実例
  • トピックス・最新情報・お客さまの声

家が新築同様に生まれ変わる、「住まいまるごと再生システム」

建て替えの約半分の費用で新築同様に再生する、東急Re・デザインの「住まいまるごと再生システム」。
内・外装を一新するだけでなく、震度6強の地震と余震に備えて、「芯から強く、永く住める家に再生する」のが特徴です。

戸建てリフォームの新しいカタチ「住まいまるごと再生」

「住まいまるごと再生」は、基礎や柱など、今の家の良い部分を活かして新築同様に再生する“新しい建て替えのカタチ”。内装・設備を一新するだけでなく、芯から強く、永く住める家になる戸建再生システムです。従来の建て替えに比べ、費用は約半分。さらに材料や廃棄物を大幅に減らすとともに、CO2排出量の削減にも貢献する地球に優しい選択です。

「住まいのリフォームコンクール」を32回受賞するなど、高い提案力で想いをカタチにする東急Re・デザイン。リフォーム創業50年の歴史の中で受け継がれてきた知恵と経験をもとに、暮らしが今より便利に・楽しく・素敵になるような『ちょっとよくする工夫』をお客様のニーズに合わせて提案します。

基本情報

企業名 株式会社東急Re・デザイン
所在地 〒150-0036  東京都渋谷区南平台町2-17日交渋谷南平台ビル4階
交通アクセス 山手線 渋谷駅 徒歩10分
設立 2017年4月3日
代表者氏名 代表取締役社長 細田 正典
資本金 1億円
従業員数 688
対応可能エリア 東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県 詳細な対応エリアを見る
対応可能住宅タイプ 戸建て
対応可能リフォーム 全面リフォーム
こだわりポイント 戸建てフルリフォーム『住まいまるごと再生システム』の特長
・建て替えの半分の費用で、新築同様に生まれ変わる
・追加費用の心配がない、安心の定価制商品
・耐震システム・屋根ふき替え・高性能外壁塗装で、芯から強く、永く住める家になる
・長期保証や24時間アフター受付などサポート体制も万全
各種保証・保険 ・最長10年保証
・工事完了後、2回の定期巡回を行います。
・24時間対応サポート
各種資格者 一級建築士、二級建築士、一級建築施工管理技士、インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネージャー、二級建築施工管理技士、インテリアプランナーなど多数在籍
各種免許 建設業 国土交通大臣 許可(特-29)第26764号
一級建築士事務所 東京都知事登録 第62089号
問い合わせ先 TEL:0120-935-109
受付時間 9:30~18:00 
会社URL https://www.tokyu-re-design.co.jp/

「住まいまるごと再生システム」

基礎や柱など、今の家の良い部分を活かし
新地同様に再生する”新しい建て替えのカタチ”
内外装・設備を一新するだけでなく、【制震+耐震補強】で震度6強の地震と余震に備えて、「芯から強く、永く住める家」になる、「住まいまるごと再生システム」です。
また、家の広さで価格が決まる定価制を採用し、追加費用の心配がなく費用が明快で安心です。

※クリックして拡大。

こだわりの輸入家具が映える、寛ぎリビングが誕生

築47年のご実家で永く住み続けるため、「まるごとリフォーム」を決意。まず、台所・食堂・居間に分れた間取りを一体化。窓に映る四季折々の庭園を楽しむことができます。さらに、活かしたかったスケルトン階段は、壁の位置を移動することでリビングの中に。無垢板やアイアンの重厚感と、アンティークテーブルや輸入家具の洗練されたインテリアデザインが調和します。「旅行先でも、恋しくなるくらいです」

※クリックして拡大。

「自分らしく暮らす、ナチュラルテイストの広々リビング」

ご両親との同居を機に、実家の1階をこだわりのスタイルにリフォームしました。まず、キッチンとLD、納戸とを一体化。オープンなLDKが誕生しました。「料理をしながら、子ども達との会話が楽しめます」と奥様。無垢の木の扉とステンレスを組み合わせた素材感もポイントです。さらに、リビングは白を基調にした内装と無垢の床で、ナチュラルな雰囲気に。家の随所にアクセントカラーを持たせて個性を演出しました。

※クリックして拡大。

「まるごとリフォーム」で、これからの暮らしがもっと充実

妻の念願の書道教室を開くことができる広いリビングと、これからのライフスタイルに合った住まいへ『まるごとリフォーム』。まず、LDと廊下を一体化し、開放的なリビングが誕生。教室としても使えるように、道具が片付く大容量の収納や、作品をかけるマグネットボードを設けました。さらに、リビングの隣には仕事部屋を併設。扉を開ければひとつにつながる「お互いが充実した時間を過ごしています。」

※クリックして拡大。

木の素材感を活かした光あふれる"和モダンリビング"

「祖父が建てた家を大切に住み続けたい」と、築45年の家を『まるごとリフォーム』。まず、台所と二間続きの和室を一体化。キッチンは、リビングを一望できる対面式に。大きな窓を新設し、吹き抜けにした階段からも光が届く、開放感あふれるLDKへと生まれ変わりました。さらに、無垢の板張り天井や床材、ほのかに光を通す格子など、細部にまでこだわりが詰まった、落ち着いた雰囲気の、和モダンリビングを実現しました。

※クリックして拡大。

癒しのひと時を愉しむ、上質感あふれる住まいへ

和室中心だった築35年の家を、新築同様に『まるごとリフォーム』されました。希望されたのは「リラックスした時間を過ごせる家」。2階にはホームバーを設えた勾配天井が開放的な、セカンドリビング。間接照明が彩るキャビネットを施し、洗練された趣に。夜になればほのかな灯りで照らされる、落ち着いた時間を愉しむことができます。「寛ぎのひと時を過ごせる、心休まる家に満足しています」。

※クリックして拡大。

日当たりの問題を吹き抜けで解消!光あふれる、寛ぎのLDK

住宅密集地にあるため日当たりが悪かった、築31年のご実家。これからの生活スタイルに合っていなかった。まず、1階は居間と和室、独立型の台所を一体化。開放感あふれるLDKへ。また、2階の使わない洋室は、書斎と収納、水まわりに変更。一部を吹き抜けにすることで、新設した高窓から日差しを階下に届ける工夫も施しました。「日差しを感じながら、料理ができます。ここまで明るくなるなんて、想像以上!」

※クリックして拡大。

使わない部屋を吹き抜けにする工夫で、開放感あふれるLDKに

子どもが独立し、これからの暮らしを考えてまるごとリフォームをされました。まず、1階は廊下で区切られていた和室とLDKを一体化。2階の使っていない洋室を吹き抜けに変え、開放感あふれるリビングが誕生しました。また、吹き抜けを囲むキャットウォーク、造作の読書カウンター、収納を兼ねた窓際のベンチシートなど、暮らしを満喫するアイデアをご提案。「心地よく生まれ変わったリビングで、楽しい毎日を送っています!」

※クリックして拡大。

省スペースに大容量の収納を実現! 広々ゆったり、吹き抜けリビング誕生

以前のDKは光が届かず、日中でも電気が必要なほど。そこで、明るさと広さを叶えるため、「まるごとリフォーム」を決意されました。まず、LDKを2階に移動し、壁や天井を可能な限り撤去。開放感あふれる吹き抜けリビングが誕生しました。また、スペースを無駄なく活用し、大容量収納を確保。台所は、念願のオープンキッチンへ変更しました。「四方に窓があるので、光が部屋中に広がるゆったりと過ごせるLDKに大満足です!」

※クリックして拡大。

高さのある勾配天井で開放的に 思い描いていた理想のLDKを実現

築50年の平屋を、好みのスタイルに『まるごとリフォーム』されました。 まず、細かく分かれていた和室と台所を一体化。開放的な勾配天井に。柔らかな光が行きわたる、広々としたLDKが誕生。また、既存の柱やハリをアクセントに、温かみのある床材やお気に入りの家具が馴染む、ナチュラルテイストに仕上げました。もちろん、内・外装、設備も一新。「リフォームでここまで出来るなんて想像以上。こだわりを全部叶えました」

※クリックして拡大。

開放的なリビングに、お洒落なバースタイルのキッチンを実現

ご両親から受け継いだ築50年の実家は、内装や設備も老朽化。「好みのデザインに一新したい」と、まるごとリフォームを決意されました。まず、中央にあった階段を壁側に移し、オープンタイプのキッチンに開放的なLDKが誕生しました。また、インテリアは落ち着いた色で統一し、多彩なアクセントクロスを施すことで、こだわりのヴィンテージスタイルに。「新築で思い描いていた憧れが、リフォームで実現できました!」

※クリックして拡大。

無垢の質感を存分に愉しめる 和モダンの家に「まるごとリフォーム」

祖父から受け継いだ家は老朽化が目立ち、2階の間取りは細切れでした。まず、日当たりの良い 2階にLDKを移動。壁や天井をなくし、開放感のあるこだわりの和モダンリビングが誕生しました。また、隣の洋室には、小上りの畳コーナーを設置。白木の格子戸を閉めれば、リビングと仕切られます。「木の質感を感じるデザインは、イメージ通り!こうしておけば良かったという後悔のない、大満足の家になりました」

※クリックして拡大。

住宅密集地で光を招く工夫が満載!開放感あふれる吹き抜けリビング

築39年のご実家は細かく区切られ、日当たりも悪く閉塞的な間取りでした。そこで、家族のスタイルにあい明るくする『まるごとリフォーム』を決意。まず、1階はワンフロアでつながる、開放的なLDKが誕生。また、細切れだった2階は、必要な部屋を残し、不要な和室を減築。新設した高窓や天窓から、光を届ける工夫を施しました。さらに、標準仕様の【制震装置】+【耐震補強】を実施。永く住める家へと再生しました。

※クリックして拡大。

共働き夫婦の「家事ラク&子育てを楽しむ家」

お子様が誕生するのを機に住み替えを決意。ご実家を二世帯住宅へ「まるごとリフォーム」されました。可能な限り壁と天井をなくし、開放的な吹き抜けLDKを新設。また、「共働きなので、家族の時間を大切にしたい」というご希望に、親子のコミュニケーションを育むプランを提案しました。さらに、効率的な家事動線を考え、キッチンのすぐ隣に水まわりを集約。「家族の時間が長くなり、念願の広々リビングで寛いでいます」

※クリックして拡大。

暮らしにあわせて間取りから一新。築51年の家を新築同様の住み心地に

これからを安心して過ごすため、築51年の家を「まるごとリフォーム」。2階の洋室はモダンなイメージに一新。こだわりのモザイクタイルでデザインしたパウダーコーナーや、荷物の出し入れも簡単なクロゼットを新設しました。 さらに、標準仕様の耐震工事を行い、芯から強く再生。そして、断熱材の充填や水まわりの一新、急勾配の階段を架け替え、将来に備える家に生まれ変わりました。

※クリックして拡大。

「ちょうどいい距離感」でつながる安心の二世帯住宅へ『まるごと』一新

ご両親との同居を機に、実家を二世帯住宅へ『まるごとリフォーム』。2階の和室と納戸だった部屋を一体化し、子世帯が暮らす開放的なLDKが誕生。キッチンは対面式にし、カウンター上をオープンに。「隣のキッズスペースまで目が届くので安心!」。また、親世帯の1階は、LD・キッチン・洗面・浴室を集約。スムーズに動ける動線にすることでこれからの暮らしに配慮。

※クリックして拡大。

くつろぎの住まいを、こだわりの輸入スタイルで実現

「住み慣れた街で、愛犬達と一緒に、こだわりのスタイルを実現したかった」と、築13年の中古物件を購入し、『まるごとリフォーム』。キッチンを2階に移動。階段フロアの光を採り込む、開放的なDKへと生まれ変わりました。そして、日当たりの良い洋室の一部を、愛犬達がくつろげるスペースに変更。「デザインも暮らしやすさも、両方叶えることができました」

※クリックして拡大。

暮らしも趣味も楽しむ、これからを永く安心できる住まいへ

「ゆったり寛げるLDKと、夫婦それぞれの趣味を楽しめる場所がほしかった」とHさん。昼でも薄暗く、手狭なこともお悩みでした。まず、1階南側に新設した窓が光を招く、開放感あふれるLDKが誕生しました。さらに、外には奥様がガーデニングを楽しめる庭を新設。また、納戸代わりだった和室は、ギターを演奏できる個室に変更しました。「リビングの居心地が良く、お互いに充実した時間を過ごしています」

※クリックして拡大。

使わない部屋を思い切って吹き抜けに。陽射しを楽しむ広々リビング誕生

夫婦ふたりになったこれからを、明るく広い家で過ごしたいと、まるごとリフォームを実施。まず、和室とLDKを一体化。キッチンの向きを変えLDを一望できるオープンタイプに変更。また、2階の子ども部屋だった天井を抜き上部に吹き抜けをつくりだしました。採り込んだ陽射しが部屋中に届く、開放的なLDKが誕生しました。

※クリックして拡大。

明るい陽射しが降り注ぐ 開放感あふれる寛ぎリビング

築42年のお住まいは、細切れに区切られ、広さが十分に活かされていませんでした。まず、独立していた台所を移動し、仕切られていた間取りを一体化。壁付だったキッチンは、LDを一望できる対面式に変更。水まわり・パントリー・納戸を集約し、スムーズに行き来できるように工夫した。新設した高窓から明るい陽射しが降り注ぐ、開放感のある寛ぎのリビングへと生まれ変わりました。

※クリックして拡大。

大切な思いを引き継ぐ家に「まるごとリフォーム」

築47年のご実家は老朽化が進み、耐震性への不安も大きかったそう。そこで、以前の趣を活かしながら一新できる、まるごとリフォームを実施。まず、和室とDKを一体化。広々LDKが誕生しました。また、適材適所の収納で家中スッキリ。さらに、玄関にあったガラスブロックは丁寧に取り外し、和室や寝室などの灯り採りとして再活用。「大切な思い出を活かしてくれる。そんな工夫が嬉しかったです」

※クリックして拡大。

吹き抜けから明るい陽射しが届く開放感あふれる家に「まるごと再生」

「以前は間取りが細かく仕切られ、それぞれの部屋が手狭でした」和室や台所、居間と細切れに分かれていた間取りを一体化し開放感あふれるLDKが誕生。リビングの一角には、小上がりの畳スペースを設置。また、台所から居間への動線も考え、LDを見渡せるオープンキッチンに変更。ダイニングとの行き来がスムーズになった。標準仕様で内・外装、設備もまるごと一新。居心地のいい空間ができました。

※クリックして拡大。

家族の会話が弾むオープンリビング『程よくつながる』二世帯住宅へ

実家を分離型の二世帯住宅へ『まるごと』リフォームをされました。子世帯が暮らす2階は、子育てのしやすい間取りを提案。細切れの壁をなくし、開放感あふれる吹き抜けリビングが誕生。また、水回りを集約し、家事の時間を短縮。一方、親世代が過ごす1階LDKには、小上がりの畳スペースを新設。さらに、階段を移動し玄関を共有するまどりに。「程よい距離を保ちながら、安心して暮らせる住まいに大満足です。」

※クリックして拡大。

増改築を重ねた細切れの間取りを一新。家族が集まるオープンリビング

「細かく分かれた間取りが、暮らしにあっていませんでした」とRさん。もとともと平屋だった築57年の家は、増改築を繰り返していたため耐震性に不安も。まず、北側で独立していたキッチンはオープンタイプに変更。開放的なLDKが誕生しました。また、それぞれのライフスタイルに合わせた個室を設けました。「リビングで一緒に寛いだり、自分ひとりの時間も大切にできる。家族全員が大満足!」

※クリックして拡大。

お気に入りの街で購入した中古住宅 木の素材感あふれる「寛ぎのリビング」

「周辺の静かな環境が気に入り、中古住宅を購入しました」とSさん。LDと和室、廊下を一体化し、細切の間取りを解消。開放的なリビングヘと生まれ変わりました。さらに、孤立していた壁付キッチンを移動し、念願のオープンスタイルを実現。インテリアは、木目が引き立つ無垢フローリングに、造作収納や縦格子とあわせて、ナチュラルテイストに統一。温かな木の素材感に包まれた、理想の住まいが完成しました。

※クリックして拡大。

ホテルライクな上質感に包まれた、寛ぎのリビング

「お気に入りの街で、モダンなスタイルを実現したかった」とSさん。築33年の家が希望通りにリフォームできるか不安だったそうです。そこで、綿密な構造計画を基に、ホテルライクな空間を提案いたしました。各部屋の仕切りをなくし、ゆったりしたLDKが誕生しました。壁付キッチンはオープンタイプに。生活用品を見せない収納で、洗練された佇まいを保ちます。インテリアは白を基調に、落ち着いた雰囲気に一新。

※クリックして拡大。

「まさか、ここまで変わるとは!」寛ぎのオープンリビング誕生

築39年と老朽化が進んだ家は、間取りも細かく区切れられていました。まず和室や居間を一体化し、広々LDKが誕生。独立型だった台所は、LDを見渡せるオープンキッチンに。ダイニングと横並びにすることで、スムーズな動線を実現。また、リビングのテレビ背面には、間接照明と調湿装飾タイルを壁に施し、上質感を演出。さらに、新設したテラスにはシンボルツリーを植えて、LDKからも開放的な景色が楽しめます。

※クリックして拡大。

「色」の組み合わせを楽しむ、開放的な北欧スタイルリビング

老朽化が目立ち始めた築27年の家をこだわりの北欧スタイルに。まず、分かれていたLDと台所を一体化。さらに、リビングの中央にあった階段を廊下に移し、開放的なLDKが誕生。また、独立型の台所は、見晴らしの良いオープンスタイルに。壁面パントリーは見せる収納に。そして、インテリアはナチュラルカラーを基調に、深いブルーとグレーでアレンジ。ミッドセンチュリーの家具を引き立てる、個性とセンスが光ります。

※クリックして拡大。

趣のある佇まいで統一感を演出。落ち着きのあるリビング誕生

「子どもが成長し、以前の家が手狭に感じていました」とMさん。住み慣れた街に、築36年の中古物件を購入。まず、DKとリビングを分けていた壁をなくし、開放的なLDKが誕生。また、オープンキッチンに壁面・カウンター収納、パントリーを新設し、スッキリ片付く工夫を施しました。さらに、床や建具などの内装をシックな雰囲気で統一。既存のスケルトン階段がもつ趣ある佇まいと調和する、寛ぎの住まいが実現しました。

※クリックして拡大。

老朽化、地震の不安、仕切られた間取りを解消!『まるごとリフォーム』で新築同様に

「家の老朽が目立ち始め当初は建て替えも考えました」とTさん。築41年が経過し耐震性に大きな不安も。これからを安心・安全に暮らすために『まるごとリフォーム』を決意されました。まず台所と居間の仕切りをなくし、オープンなLDKが誕生。また、使いづらかった押入れ収納は造りつけのクロゼットに。もちろん、標準仕様の耐震工事で芯から強く再生。内・外装、設備をまるごと一新し、将来に備えた住まいとなりました。

※クリックして拡大。

昔ながらの和室中心だった築90年の家が、新築同様にまるごと一新!

「以前のマンションが手狭で、住み替えを考えました」とNさん。希望のエリアで見つけた物件は、築90年が過ぎた和室中心の家。まず、台所と廊下、和室と、細切れだった間取りを一体化。シンプルモダンに一新された、広々LDKが誕生しました。さらに、道路側の窓は位置や大きさを計算。防犯や住宅密集地にあるプライバシーに配慮しつつ、光と風を採り込む工夫を施しました。

※クリックして拡大。

2階建てを思い切って平屋に。光が届く天窓のあるLDK誕生

細切れの壁が光を遮り、室内は昼でも薄暗かった築45年のご実家。まず使っていない2階を大胆に減築して平屋へ変更。庭に面する南側の和室とDKを一体化し開放的なLDKが誕生しました。また、圧迫感のあった天井をなくし、タテにも広がる勾配天井に。陽射しが降り注ぐ天窓も新設しました。外せない壁をスリットにするなど、部屋中に光を届ける工夫も。

※クリックして拡大。

家族の笑顔があつまる、明るいオープンキッチンが主役の家

耐震性の不安を解消するため築38年の家を「まるごとリフォーム」。まず細切れの間取りを一新し、ひと続きの広々LDKが誕生しました。閉鎖的だったキッチンは、LDを見渡せるオープンタイプに。また、お気に入りの家具や小物が似合うよう、タイルやカラークロスでデザイン。さらに、廊下にあった階段はリビングに移動。LDKの隣に子ども部屋を設置することで、お子様が個室に直行せず、自然と顔を合わせる工夫を施しました。

※クリックして拡大。

子どもに目が届くオープンキッチン スッキリ広々、子育てが楽しい家へ

「子ども達がのびのび遊べる庭のある家に暮らしたかったです」とNさん。築44年の中古物件を購入し、『まるごとリフォーム』されました。ご希望は「家族のコミュニケーションが深まる家」。まず、和室と居間、独立型の台所と、細切れだった間取りを一体化。またオープンキッチンや、帰宅した家族が必ず通る、リビング階段を設置。シューズクロークや、階段下を利用したおもちゃ収納など、子育て夫婦に嬉しいアイデアが満載です。

※クリックして拡大。

既存の良さを上手に活かし、趣のある和の家に『まるごとリフォーム』

ご実家は和室中心に部屋が仕切られた、昔ながらの和風住宅。耐震性の不安も大きく、思い切って『まるごと再生』を決意されました。まず、孤立していた台所と洋室を一体化。また、分散していた水まわりを集約することで、家事の負担を軽減。さらに、趣のある和室や玄関は、立派な柱や梁、欄間など、良いモノを活かしてリフレッシュ。もちろん、標準仕様の耐震工事で、芯から強い家に一新。「安心して暮らせる住まいになりました」 

※クリックして拡大。

『まるごと再生』で実現!念願の対面キッチンと広々リビング

築45年のお住まいは、壁付の台所や洗面所がないなど、生活スタイルに合っていませんでした。まず、1階の壁を可能な限り取り払い、開放感あふれる広々LDKが誕生。また、独立型の台所は、LDを見渡せる対面式にし、「会話を楽しみながら、料理できるのが嬉しい」と奥様。もちろん、内・外装、設備を一新し、最新の洗面台も新設。「新築のような住み心地の良さに、驚いています」 

※クリックして拡大。

適材適所の収納で、いつもスッキリ 陽射しあふれる、広々LDKが誕生

以前は部屋が細かく分かれ、居間代わりの和室は手狭。また、陽射しも遮られ、北側の台所は、昼間でも電気が必要なほどでした。まず、物置代わりになっていた和室と、独立型の台所を一体化し、隅々まで光が届く、開放感あふれるLDKが誕生。さらに、暮らしに合わせた収納を随所に提案。 特に、 新設した大容量のパントリーには、 日用品や買い置きの食材も収まるので、キッチンはいつもスッキリ片付きます。

※クリックして拡大。

程よい距離感で過ごせる、二世帯住宅に『まるごと再生』

ご両親との同居を機に、ご実家を二世帯住宅に『まるごと再生』。2階は細切れの間取りを解消。子育て家族がのびのび暮らせるLDKと、専用の水まわりスペースを新設しました。キッチンの仕切りには視線が抜けるスリットを設けました。小屋裏を活かしたロフトには、大きな荷物を収納。また、ご両親が過ごす1階LDKは、落ち着いた雰囲気に内装を一新。段差の解消や断熱工事を施し、これからの暮らしに配慮しました。

※クリックして拡大。

隅々まで陽射しが行きわたる 開放感たっぷりの寛ぎリビング

築32年のお住まいは断熱性が低く、浴室は底冷えしていました。リビング・ダイニングは、板張りの天井や無垢フローリングを施し、木の柔らかさが馴染むイメージに一新。内装は清々しい白で統一。中庭や階段の高窓から届く陽射しで、いっそう明るく感じます。その上、使い勝手の良いキッチン収納や、日用品が出し入れしやすいリビング収納を新設。暮らしに合わせた収納計画で、家中がスッキリ片付きます。

※クリックして拡大。

家族も、愛猫も大満足!光と風を楽しむLDKに『まるごと再生』

住宅密集地のため日当たりが悪く、1階LDは日中でも薄暗かったそう。そこで、『まるごと再生』で間取りを一新。まず、2階の壁や天井を取り払い、細切れだった間取りを一体化。ワンフロアの広々LDKが誕生しました。また、リビングの一角には、ソファー代わりに使ったり、ゴロンと寛げる、小上がりの畳スペースを提案。さらに、柱やハリを利用してキャットウォークを設置。愛猫が自由に遊べる場所をつくりました。

※クリックして拡大。

四季折々の自然を愉しめる、くつろぎのリビングが誕生

住み慣れたお住まいは築50年が過ぎ、耐震性に不安が。まず、標準仕様に含まれる【補強】+【制震装置】の耐震工事を施し、芯から強く『まるごと再生』。また、閉塞感のある間取りを解消し、独立した台所とLDを一体化。庭に面した窓から、四季の草花を楽しめる、くつろぎのLDKが誕生しました。さらに、2間続きだった和室は、LDとフラットにつながるセカンドリビングと、既存の床柱や欄間を活かした和室へと一新。

※クリックして拡大。

「毎日の掃除が楽しい!」スッキリ片付く家に『まるごと再生』

以前は部屋が細かく仕切られ、居間や台所が手狭に。まず、陽の当たる2階へLDKを移動。壁や天井を取り払い、開放的な吹抜けリビングが誕生しました。また、天窓や窓の配置を計算し、外の視線を遮りながら、陽射しを採り込む工夫も。さらに、独立型の台所は、LDを見渡せるオープンキッチンに変更。カウンター収納や小屋裏を活かしたロフトなど、収納も充実しました。

※クリックして拡大。

愛猫も大満足! 光と風を感じる、広々LDKに『まるごと再生』

以前のお住まいは、和室中心の細かく仕切られた間取り。また、築70年の家は耐震性の不安も大きく、思い切って「まるごと再生」を決意されました。まず、二間続きの和室と廊下を一体化し、広々LDKに。窓から届く光が、部屋いっぱいに広がります。また、独立型の台所を移動し、LDを一望できる対面キッチンを実現。さらに、愛猫のために、リビングの一角には、猫のためのキャットスペースを設ける工夫も施しました。

※クリックして拡大。

細切れの間取りを一新。緩やかにつながる、寛ぎリビングへ

ご希望していたのは「広いリビングとそれぞれの個室をつくること」。築38年の中古物件を購入し「まるごと再生」。まず、既存の和室とリビングの仕切りをなくし、床をフラットにしてひと続きに。さらに、落ち着きのある自然素材で内装を統一。また、キッチンは半独立型をセレクト。LDと水まわりの両方へ行き来できるスムーズな動線に「忙しい朝は大助かり!」もちろん、内・外装、設備を一新し断熱性も向上。

※クリックして拡大。

「こだわり」も「暮らしやすさ」も、『まるごと再生』で全部実現

「受け継いだ築40年の実家は、昔ながらの細切れの間取り。和室とLD、台所とに分かれ、それぞれが手狭。そこで、好みのスタイルを実現するため、『まるごと再生』で間取りを一新。まず、和室と広縁を一体化し、開放的なLDKが誕生。大きな窓から届く陽射しが、部屋の隅々まで行きわたります。また、LDに背を向けていた台所は、リビングを一望できる場所へ移動。動線を遮る仕切りもなくなり、移動もスムーズになりました。

※クリックして拡大。

程よい距離感で、家族がつながる。安心の二世帯住宅へ「まるごと再生」

築26年のお住まいは、ご夫婦の暮らしに間取りがあっていませんでした。そこで、子世帯との同居を機に、二世帯住宅へ『まるごと』再生。お互いの異なる生活リズムを考慮し、分離型の間取りに一新しました。まず、親世帯が暮らす1階は、DKと和室を一体化し、広々LDKを実現。また、小上がりの畳スペースを設けました。一方、2階は壁と天井を取り払い、家族が集まる子世帯リビングを新設しました。

※クリックして拡大。

自然と会話が生まれる、陽射しあふれる広々LDK

立地が気に入った中古物件は、住宅密集地にある築35年の店舗併用住宅。日当たりの悪い手狭なリビングや、耐震性の低さにお悩みでした。そこで、店舗部分と居室を一体化し、広々としたLDKが誕生。また、家族が自然と顔をあわせるリビング階段は、光を通すスケルトンタイプに変更し、2階から届くやわらかな陽射しが、リビング全体に広がります。「子どもと一緒に過ごす、居心地の良いLDKにとても満足しています」 

※クリックして拡大。

家も、気持ちも、若返ったみたい!『まるごと再生』で新築同様に

「当初は建て替えを考えたほど、家の古さが目立ってきていました」とKさん。また、底冷えする断熱性の低さや、耐震性にもお悩みでした。そこで、お子様の独立を機に、『まるごと再生』を決意。

※クリックして拡大。

吹き抜けに光と風が広がる、シンプルモダンのリビングが誕生

「暗い印象のリビングを、シンプルに変えたかった」とSさん。以前は間取りが細かく仕切られ閉鎖的。北側には窓がなく、日当たりや風通しの悪さもお悩みでした。そこで、老朽化の目立つ築35年の家を、新築同様に『まるごと再生』。

※クリックして拡大。

友人との演奏を楽しめる家に「まるごと再生」

「間取りが細かく仕切られ、使っていない部屋が多かったです」とTさん。築60年のお住まいは、老朽化や耐震性に不安をお持ち。そこで、まるごと再生を決意。まず、2階をなくして平屋にするなど大幅な減築を行い、スムーズに動ける間取りへ変更。「友人を招いて音楽を楽しみたい」というご要望には、吹き抜けのある開放的な音楽室をご提案。また、既存のステンドグラスやハリを活かし、「以前の家の面影を感じます」。

※クリックして拡大。

トピックス(最新情報)

住まいまるごと再生システムリフォームがよくわかるイベントに行こう!!!

※クリックして拡大。

無料イベント開催中!!
東急Re・デザインでは【見て、触れて、確かめて】頂くイベントを常時開催しております。
<住まいまるごと再生システム>がよくわかる相談会や現場見学会に、是非お気軽にご参加ください。

↓↓↓ 詳細はコチラ ↓↓↓
【まるごと再生 イベント・相談会】 
[ https://reform.tokyu-re-design.co.jp/event_info/ ]