タウンライフリフォーム

リフォーム費用と見積もり費用の価格比較ができる、タウンライフリフォーム。

トップページ > いえラボ

いえラボ

  • 会社情報
  • 商品紹介・特徴
  • リフォーム実例・実例
  • トピックス・最新情報・お客さまの声

ジャストの家がご提案する、ワンランク上のデザインリフォーム&リノベーション専門ブランド「いえラボ」

注文住宅を手がける「ジャストの家」が、ワンランク上の暮らしを叶えるリフォームとリノベーションをご提案。時間とともに味わいを増す自然素材を取り入れ、心地よく自分たちらしい住まいづくりをお手伝いします。壁紙の貼替や水回り設備の取替から、まるごと変えるフルリノベーションまで、ジャストの家ならではの技術力と提案力で、愛着をもって永く暮らせる家づくりをお客様と一緒に叶えていきます。
また、不動産部門と連携し、リノベーション向きの中古物件のご紹介やリフォームローン・資金計画等のご相談も可能です。
倉庫をフルリノベーションした長久手体感ショールームへ、ぜひお気軽にご来店ください。

<いえラボの特徴>

【永く大切に暮らす自然素材の住まい】
時間が経つほど味わい深く美しくなる無垢材や塗り壁を使うことで、家の価値を高め、永く愛着を持って住み継ぐことができる住まいを叶えます。
【家族が安心出来る確かな安全性】
家一軒を丸々建てる住宅メーカーならではのノウハウで、構造面や設備面にも配慮し安心安全を提供します。
【手仕事でつくるこだわりのデザイン】
職人さんが丁寧に手づくりするオリジナリティと、注文住宅を多数手がけたコーディネーターによるデザインで日々の暮らしを彩ります。
【今ある家を活かし自分らしく暮らす】
新しく建てるだけが家づくりではありません。リノベーション向きの中古物件のご紹介も可能です。

基本情報

企業名 株式会社ジャスト
住所 〒480-1165 愛知県長久手市鴨田204
交通アクセス 地下鉄東山線「藤が丘」駅より徒歩約13分
設立 2002年6月6日
代表者氏名 中尾一也
資本金 2200万円
従業員数 25名
対応可能エリア 愛知県 詳細な対応エリアを見る
対応可能住宅タイプ 戸建て /マンション /事務所・店舗等
対応可能リフォーム 全面リフォーム
水回りリフォーム
部分リフォーム
こだわりポイント 【長久手体感ショールーム】
倉庫をフルリノベーションしたいえラボの長久手体感ショールームには、住まいのアイデアやヒントがいっぱい。建具や窓、優しいデザインの床材から照明器具、オリジナルキッチン、薪ストーブなど、実際に実物の質感に触れて体感してみてください。施工例の実例や中古物件のご案内もしております。
各種保証・保険
各種資格者 二級建築士、インテリアコーディネーター
各種免許 建設業免許/愛知県知事許可(般-28)第73398号
二級建築士事務所登録/愛知県知事登録(ろ-23)第6998号
宅地建物取引業/愛知県知事(3)第19536号
問い合わせ先 TEL:0120-705-759
FAX:0561-63-5522
営業時間 10:00-17:00
会社URL http://ielabo-just.com/
http://www.justnoie.com/
まだ登録がありません。

大府市 O邸

【Overview】
大府市 O邸
リフォーム予算 約900万円

※クリックして拡大。

岡崎市 I邸

【Overview】
岡崎市 I邸
リフォーム予算 約600万円

※クリックして拡大。

名古屋市天白区 T邸

【Overview】
名古屋市天白区 T邸
リフォーム予算 約1000万円

※クリックして拡大。

長久手市 D邸

【Overview】
長久手市 D邸
リフォーム予算 約800万円

※クリックして拡大。

名古屋市昭和区 T邸

【Overview】
昭和区 T邸
リフォーム予算 約800万円

※クリックして拡大。

名古屋市名東区 S邸

【Overview】
名古屋市名東区 S邸
リフォーム予算 約400万円

※クリックして拡大。

刈谷市 O邸

【Overview】
刈谷市 O邸
リフォーム予算 約840万円

※クリックして拡大。

豊田市 N邸

【Overview】
豊田市 N邸
リフォーム予算 約700万円

※クリックして拡大。

長久手市I邸

【Overview】
長久手市 I邸
リフォーム予算 約700万円

※クリックして拡大。

名古屋市名東区 H邸

【Overview】
名古屋市名東区 H邸
リフォーム予算 約400万円

※クリックして拡大。

トピックス(最新情報)

お客様の声 豊田市 N様

※クリックして拡大。

こんにちは!いえラボです。
今回は実際にリフォーム・リノベーションをして頂いた豊田市のN様(以下N)にインタビューにお応えいただきました。

ーー本日はインタビューのお時間をいただきありがとうございます。よろしくお願いします。

N:よろしくお願いします。

ーージャストの家(いえラボ)をどんなきっかけで知ったんでしょうか?

N:日進市の竹の山の雰囲気が好きでよく遊びにきていました。その時に通りがかって、特徴的だったのでずっと気になっていたんです。


ーーリノベーション・リフォームをするにあたりどんなご要望を持っていましたか?

N:ジャストの家の新築物件の様なナチュラルな感じに仕上げたいと思っていました。もちろんもともとの家のバランスも踏まえて出来たら、理想的だなと感じていました。

ーーリノベーション・リフォームに不安を感じていた部分はありましたか?

N:一番気になっていたのはもとの家との調和でしたね。正直そこは工事をしてみないと分からない部分なので・・・。なかなか踏み切れなかったのも、そこに確信が持ちづらかったのが理由です。


ーー大きな買い物ですから当然他の会社さんも見に行ったり、見積もりもとったことと思います。何社くらい検討の対象にしていたのでしょうか?

N:愛知県内の会社さんで3社ほど相見積もりをとってもらっていました。どんな提案をしてもらえるかも気になる部分だったので、色々と話しを聞きにも行っていましたね。

ーー数ある会社の中からジャストの家(いえラボ)をお選び頂いた基準、ポイントはどんなところにあったんでしょうか?

N:ナチュラルな家の雰囲気に惹かれてというのがとっかかりです。ただ新築をしようかどうかも悩んでいたのですが、その時に営業の方がリフォーム・リノベーションのメリット・デメリットをしっかりと教えてくれたことですね。最初は新築物件を建てようとしていたんですよ。他の業者さんは迷わず金額の高い新築を勧めてきましたが、いえラボさんは私達の家庭にとって何が最適な提案かを常に念頭に置いてくれていたと感じています。

ーー実際にリフォーム・リノベーションが完了してどんな感想をお持ちですか?

N:イメージしていた雰囲気になるかどうかが気になっていましたが、実際の出来は思い通りだったので満足しています。「変わるものだなぁ」というのがシンプルな感想です。


ーー施工後特に気に入ってる箇所があれば教えて下さい。

N:2DKと洋間の雰囲気ですね。もともとLDKが狭かったので広くしたイメージが全くつかなかったのですが、出来上がってみたら一番お気に入りのスペースになりました。使い勝手もいいですしね。建具やキッチンのタイルといったアクセントも飽きが来ない自然なデザインで気に入っています。

ーー本日はありがとうございました。今後も是非生まれ変わったお家を楽しんで頂ければと思います。

N;ありがとうございました。

トピックス(最新情報)

お客様の声 名古屋市天白区 T様

※クリックして拡大。

こんにちは!いえラボです。
今回はマンションのリノベーションをしていただいた名古屋市天白区のT様(以下T)にインタビューしてきました。

■リノベーションをしようと思ったきっかけと、いえラボとの出会いを教えてください。
T:はじめは、新築マンションも視野に入れて考えていて、たまたま以前住んでいた賃貸の近くにできた新築マンションに見学に行ったら、(いえラボの親会社の)ジャストさんが販売している物件で。新築マンションは間取りも内装もよくある感じで自分たちは気に入らなかったんですが、そこで中古物件のリノベーションという手もありますよ、と教えてもらいました。そこから中古物件の紹介をしてもらって何軒も見に行きましたが、なかなか希望に合う物件がなく…物件探しで1年くらいお付き合いしてもらいましたね(笑)。やっとピンとくる物件が見つかって、無事購入でき、いえラボでリノベーションをお願いしました。

■リノベーションをするにあたりどんな要望を持っていましたか?
T:夫婦とも以前からインドが好きで、たまに旅行に行ったりしているんですが、赤、ピンク、水色、黄色…インドの建築独特のカラフルな色づかいを取り入れたいなと思っていました。あとはインドで買った食器用のステンレスのラックを使いたいなと。インドのどの家庭にもあるんですよ。キッチンを業務用の厨房っぽくしたい、天井をコンクリートや配管むき出しにしたいというのも伝えました。それと、友達がよく来る家なので、ゲストハウス風にしたいと思ってましたね。
サーフィンが趣味なので、サーフボードを置くスペースも欲しかったです。玄関の土間を広げてもらって、サーフボードだけでなくアウトドアグッズも置けるようにしたので、とても便利です。

■こだわったポイントはありますか?
T:担当さんのアドバイスももらいながら、LDKのドアの形を自分でデザインしました。インドっぽく味のあるアンティーク塗装にしてもらって、インドで買ってきたドアノブを取り付けて…オリジナルのドアというのがうれしいですね。
いえラボのショールームで見て気に入ったヘリンボーンの無垢フローリングも、絶対これ!と思って取り入れました。
あと構造面でも、古いマンションなので遮音や断熱が気になっていて相談したところ、窓を二重サッシにしたり、外部や隣と面する壁に遮音シートと断熱材を入れてもらうことができました。

■リノベーションで不安だったところはありましたか?
T:色などは小さなサンプルを見て決めるんですけど、実際に壁1面に塗ったらどうなるかな?というのは想像してみるしかなくて…。不安に思いつつも最後は「えいやっ」と決断しました。でも今は遊びにきた友達もみんな褒めてくれてます。

■特に気に入っているところはどこですか?
T:やっぱりキッチンですね。広くて快適です。作業台は造作なんですが、ダイニングのほうを向いて食器洗いをできるように、シンクもつけてもらいました。大人数が遊びに来た時にみんなで料理することもできますし。あとオープン棚になってるので、食器も取り出しやすく、(旦那さんが)お皿を並べたりして食事の準備を手伝ってくれるようになりました。作業台の横に立って、ビールを飲みながらおしゃべりしてることが多いですが(笑)。
洗面台も、昔トルコに住んでいたときの家のように、横に広く作ってもらったので、2人並んで歯磨きができるようになって使いやすいです。

■いえラボでリノベーションしてよかったところはなんですか?
T:かなりわがままで細かいことも注文したと思うんですが(笑)、担当さんが要望をしっかりと聞いてくれて応えてくれたので良かったです。言葉では伝わりにくい色のイメージも、インドの旅行写真をいっぱい見てもらったりして、私たちの想いを良く理解してくれたので、本当に思い通りになりました。自分たちで買ってきたカーテンレールとかフレームも後から取り付けてもらえて、担当さんには何度も呼び出して申し訳なかったけど(笑)、対応してくれたのでとても助かりましたね。

■コスト面で工夫したところはありますか?
T:3部屋あったところを壁を取り払って広いLDKとゲストルームにしました。最初はロフトを作ることも考えたのですが、いったんロフトを作ってしまうと使わなくなったときに邪魔になるかなと思ったので、2段ベッドを置くことにしました。そのほうが安くすみますしね。奥の洋室もウォークインクロゼットにすることも考えましたが、後々いろいろ使えるほうがいいと思い、シンプルな部屋のままにしておきました。あとLDKとゲストルームの壁は塗り壁やペイントなんですが、それ以外はクロスにしてコストを抑えてます。

■これからリノベーションする人におすすめしたいものは?
T:天井に取り付けたアイアンのシンプルなツールバーや物干しです。ツールバーはキッチンの作業台の上にあって、小さいナベや水切りカゴなどもササッと吊り下げられるので、作業台を広く使いたいときにすぐ片付くんです。なんでもここに吊り下げちゃってます。

トピックス(最新情報)

お客様の声 大府市 O様

※クリックして拡大。

こんにちは!いえラボです。
今回はマンションのリノベーションをしていただいた大府市のO様(以下O)のインタビューをお届けします。

■中古マンションを買ってリノベーションしようと思った理由を教えてください。
O:最初は戸建にもあこがれがあり、戸建かマンションかで悩んでいました。戸建のチラシを見たり工務店に行ってみたりもして。だけど間取りや内装がありきたりな建売住宅はつまらないし、このあたりは土地が高いので注文住宅を建てるのはコストがかかる。それに戸建は掃除が大変だし、奥さんが虫やヤモリみたいな爬虫類が大の苦手ということもあって(笑)、マンションも視野に入れていこうと。マンションはセキュリティ面も安心で戸締りも楽だし、リノベーションすれば自分たちの好きなように内装も変えられるし、コストも抑えられるし、理想が叶うと思いました。実際に自分たちは中古リノベで正解だったと、満足しています。

■マンション購入の決め手は何でしたか?
O:いえラボのショールームに行ってみようと思ったときに、ちょうど希望エリアのマンションチラシを見て、角部屋で広さもあっていいなと思う物件があったので、チラシを持っていえラボに行きました。そこで対応してくれた方が、すぐに不動産会社に電話してくれて、物件の状況を確認して段取りしてくれて、じゃあ来週内覧しに行きましょうと。内覧当日も同行してくれて、ここはこういうふうにリフォームできそうですねと、実際に見ながらアドバイスしてくれて、もうその日に決めました。早かったです(笑)。でも自分たちのほかに、同じ物件を買いたいというお客さんが5組くらい控えていたらしいので、そこはスピード勝負でした。いえラボさんが早く動いてくれたので良かったと思います。

■いえラボに決めたポイントはどこですか?
O:他のリノベーション会社も見に行ったりしていたんですが、正直、予算オーバーでした…。いえラボは、もともと注文住宅(ジャストの家)もやっている会社なので、建築材料などが安く仕入れできるということと、普通は数%かかるデザイン料がないということで、予算内に収まったんです。見学したショールームも雰囲気が好みだったし、スタッフの対応が早かったのも決め手でした。

■どんな要望をもっていましたか?
O:もともと狭くて不便な賃貸に暮らしていたので、「子育て、家事のしやすい家」にしたい、というのが第一でした。基本的に面倒くさがりなので(笑)、ラクな家事動線を追求しました。キッチンの向きを変えて配膳をしやすくしたり、リビングドアの位置を変えて洗面室に行きやすくしたり。キッチン周りの収納もたくさん欲しかったので、パントリーを作ったり造作収納棚をつけたりしてもらいました。配管のためにキッチンの床が一段高くなったのですが、かえって部屋で遊ぶ子供の様子が見渡しやすくなったのもよかったです。将来的にリビングで宿題などができるように、カウンターデスクも造作しました。

■家の中で一番の見どころは?
O:もともと和室だった部分を、子供が遊ぶ小上がりの畳スペースと、(奥様が)自分の趣味のミシンができる専用のワークスペースを作ったことです。小上がりは部屋を広く見せる効果もあるみたいで、リビングにメリハリができました。ワークスペースは外から鍵がかけられるようになっていて、子供が入れないようになっています。はさみや針など危ないものもあるので。自分だけのスペースがあるのがうれしいです。

■インテリアのテイストにこだわりはありましたか?
O:北欧のシンプルな雰囲気にしたくて、白と木目を基調に、あたたかみのあるインテリアを目指しました。その中でも観葉植物のグリーンやドアのブルーグレーなどがアクセントになるようにしています。今は雑貨やファブリックも北欧っぽいものが好みですが、今後好みは変わるかもしれないので、どんなものにも合うようにできるだけシンプルにと希望は伝えました。

■いえラボのいいところを教えてください。
O:わがままがきいてもらえるところ(笑)。打ち合わせをして決めたことも、家に帰ってから夫婦で「やっぱりあそこはこうしたほうがいいんじゃないか」って話になって、担当さんにやっぱり変更してくださいって電話したりメールしたりということが何度もあって…申し訳なかったけど、すぐ対応してくれたので、自分たちで納得しながら進めることができましたね。なので、後悔はほとんどないです。ここにもコンセントつければよかったね、という点があるくらい(笑)。

■いえラボからの提案や施工例で取り入れたものは?
O:リビングとワークスペースの間につけた小窓や、塗り壁、黒やアイアンをポイントに取り入れるアイディアは、ショールームを参考にしました。塗り壁は画鋲などで開いた穴を埋めたりするのも、やりやすくていいです。あと、小上がり部分の下がり天井を小上がりのラインに合わせたり、カウンターにパソコン配線用の穴を開けたり、自分たちでは思いつかない細かい部分の仕上げについては、プロの目線で提案してもらいました。

■これからリノベーションする人へアドバイスするとしたら?
O:今住んでいる家の不満を整理して伝えるといいと思います。僕たちもキッチンが使いにくいとか、洗面室が遠くて不便だとかを話しました。そこからいかに生活しやすくするかを、いえラボさんと一緒に考えて工夫したおかげで、見た目がいいだけじゃなくて本当に住みやすい家になりました。実際に、友達もうちを見に来て参考にして、今いえラボさんでリノベのお話を進めている人もいます。