アンサンブルホーム

会社名 アンサンブルホーム
所在地 宮崎県宮崎市下北方町俣萩670-3
電話番号 0985-26-1180

この宮崎市に「地域に根ざした住宅づくり」をモットーに父が会社を興して40余年が経ちました。おかげさまで、この地域の皆様に愛され、ここまでやってきました。
とても小さな会社です、でも小さいからこそできる仕事もあると思います。これからも、私達は、皆様に愛される会社をめざし日々努力して参ります。
私の子供にはアレルギーがあり、化学物質にも敏感に反応します。アレルギーがあることで不便な事も多々あり、悩んだ事もありましたが子供が教えてくれた事はたくさんあります。子供の発するシグナルの
おかげで大切なものを見分ける目を持ち、家づくりをする者の原点を見失わずに居られます。そして、この子が生活できない家は造るまいと心に決めています。
代表取締役社長  杉尾好弘

トピックス・お客さまの声

KZ様 の声

1, 木の家で良かったことは?
外から帰ってきた時に木の香りが漂いとても落ち着きます。床も気持ちよく、なるだけ素足でいたいと思うほどです。早速子供が床に落書きをしたのですが逆に味が出てそれも悪くありません、部分的に削ることもできますし。
2, 実際に住んでみて気づいたことはありますか?
玄関やガレージに至るまですべての部屋に窓を付けてもらいました。そのおかげで夏の夜も西風が通り湿気がこもらずに快適です。近所の方には「北側に窓があってうらやましい。」と言われました。宮崎の風土を熟知している工務店ならではの知恵だと思います。
3, 家づくりで不安はありましたか?
初めてなので予算や間取りなど不安はたくさんありました。でも「家づくり塾」に参加したら、気をつけることや参考になるお話をたくさん聞けて、不安も解消されていきました。
4, 他のメーカさんとも比較しましたか?
何社か訪ねて、最終的に2社に絞って図面を書いてもらいました。どちらも要望に添ったものでしたが、アンサンブルホームさんの図面には遊び心があったんです。せっかくなら楽しく過ごせる家にしたいと思って決めました。
5, アンサンブルホームでよかったと思えることは何ですか?
 家が完成した後も相談に乗ってくださることです。、実際に住んで2ヶ月くらいたった時に、棚を取り付けて欲しいと話したらすぐに付けてくださいました。細かいことでも相談しやすいことが一番良かったと思います。

※クリックして拡大

MR様 の声

1,家づくりをする時に当社を選んでいただいたポイントは何ですか?

家を建てようと考えはじめたころ、たまたまアンサンブルホームの完成見学会のチラシを拝見し、伺ったのがきっかけでした。
 そのお宅は、シンプルでフローリングや壁に杉の板など使用していたためか、居心地が良くて、非常に好印象でした。
 その後、いろいろと見学会や、モデルハウス等に出向きましたが、非現実的な設備、価格、半ば門前払いされるようなところもあり、もう一度杉尾さんの話を聞いてみようと考えたのです。       

2,家づくりを進めていくなかで、あなたがこだわった部分はどこですか。
 
 私たちは特にアレルギー等に悩まされている事はありませんでしたが、それでもモデルハウス等に入ったときの何ともいえない臭いに、「頭が痛くなりそうだ」と思った事もありました。
 そこで、
    壁紙を一切使用しない
    宮崎の杉をふんだんに使い、接着剤の臭いがしない家
    シンプルで飽きない家
    丈夫な家
    風通しの良い、快適な家
    冬に冷え込まない家 ~冬暖かく快適(蓄熱暖房) 
    子供の様子が良く分かる家
    オーディオルーム
    価格
等諸々注文させていただきました。   

3,新しい家に住んでみての感想をお聞かせ下さい。
 
 勤務先の関係で今年の3月からやっと本格的に住み始めたのですが、やはり快適です。
数年家を空けていたことになるのですが、その間全く家が傷んだり、カビが生えたりしたこともなく、いつ帰ってきても家の中はカラッとしており、木の香りがして快適でしたので驚きました、家は住んでいないと傷むと聞いて心配していましたので。
 杉のフローリングは、子供たちが元気に走り回り、ごろごろ寝ころんで気持ちが良さそうです。
 傷も付きますが、それも味だと思えますし、蜜蝋ワックスを塗り、良い色に変わってきました。
 今年の梅雨は本当に雨が多かったですが、杉のフローリングは全くべとつかず、家の中はエアコン一台稼働させるだけで快適で、妻も洗濯物が良く乾くと喜んでいました。
 木の柱は太くてきれいなので、そこに子供の身長を刻むのも楽しみの一つです。
 オーディオルームも杉の壁で作ってもらったおかげで、変な響きもなく、趣味を満喫しております。
 とにかく、木と塗り壁のシンプルな内装なので飽きもきません。 
 我が家は本が大量にあるのですが、平屋で建坪は限られた家ですが、本棚や収納もしっかり作ってもらい、全く不便はありません。
 私たちは、家族4人で畳の部屋で就寝していますが、本当に気持ちが良くて、冷房が切れてもムシムシせず、朝まで快適に寝ることができますし、梅雨時期も畳はいつでもカラッとして快適でした。
 ちなみに冬の寒い時期に帰ってきたときには、蓄熱暖房の効果もあり本当に暖かく、エアコンの息苦しさもありませんでしたし、むやみに乾燥することもありませんでしたので、これも木や塗り壁の効果かなと思います。
 オール電化住宅ですが、電気代は驚くほど安く、助かっています。
 
4,これから家づくりをされる方へのアドバイスがありましたらお聞かせ下さい。
 
 30代前半の若造がこのような満足のいく家を建てることができて、ありがたいことですし、杉尾さんにはわがままをとことん聞いていただき感謝しています。
 何件か回った中には、要望を伝えたにもかかわらず、何も反映されていないようなプランを提出されてがっくりしたこともありましたので。
 なので、まずは真摯に話を聞いてもらえるところにお願いするのが基本だろうと思います。
 また、棟梁さんが一人で時間をかけて建てていただいたというのも良かったです。やはり、一人の方が責任を持って最初から最後まで面倒をみてくれるというのはありがたいですし、その分責任の所在もはっきりしていて良いと思います。
宮崎で育った杉の木をたくさん使った家は宮崎の気候に合うんだと思います。

※クリックして拡大

SZ様 の声

1,家づくりをする時に当社を選んでいただいたポイントは何ですか?

家具店や、新しい建物に入ると、「ツン」とする刺激臭で頭が痛くなる経験を何回かしました。
そのような経験から、家を建てたら、「シックハウス症候群になってしまうのでは・・」と漠然とした不安がありました。 そして、家を作る時には、「自然の木の家を作りたい、壁もクロスを貼るのではなく、土や漆喰で塗りたい」、ずっとそう感じていました。
家作りが現実化する前から、本や雑誌を読んだり、資料を取り寄せたり、完成見学会に出かけるなど、情報をたくさん仕入れながら、次第に地域の工務店に絞って考えていました。アンサンブルホームさんを知ったのは、インターネットで県内の工務店のサイトを手当たり次第(笑)に見る中で発見しました。自分の理想の家づくりに近かったため、興味を持ち、完成見学会に参加しました。他、いくつかの工務店、建築家ともやりとりはありましたが、最終的なポイントは
 
 ☆ 自然素材の家づくりという根本的な考えがあること。
 ☆ 自分のイメージの話をとことん聞いてくれ、私自身が作った間取りの原案を基本に設計をしていただけたこと
  ☆ 太陽光発電にも積極的に考えておられたこと。実際アンサンブルホームさんの屋根にも設置しているため、具体的な話が伺えました
  ☆ 予算が、自分のイメージどおりに進みそうなこと。(会社によっては、一番大きな桁の数字が変わりそうでした)

2,家づくりを進めていくなかで、あなたがこだわった部分はどこですか。

コンセプトとしてお話ししたのは、次の4点です
・ 夏、冷房を極力つけずにすごしたい。風通しの良い家
・ 雨でも窓が開けられると嬉しい
・ 夜や外出時、安全に窓を開けていたい
・ できるだけ自然素材で作りたい
実は、我が家の場合は、土地が決まり、アンサンブルホームさんに具体的に相談したときには、すでに家の間取りが自分の中ではほぼ出来ていました。細かいこだわりは、すべて間取り図に導入し、なぜ、その間取りになったのか、そのサイズになったのかも含めて、お話した記憶があります。たとえば、収納も、どこに何を入れたいか、がまず先にあり、それに合う収納を考えていました。 「実は、間取りのプランがあるのですが・・・」と話をする中で、見ていただいたのです。

3,新しい家に住んでみての感想をお聞かせ下さい。

基本の間取りは、自分で考えましたが、強度や、風の流れなどは専門家にお願いしないとわかりません。原案を最大限生かしていただき、まさに、理想どおりの、いや実は理想以上の家が完成しています。 完成して2年経過し、毎日この空気を吸っている私達はもうわかりませんが、来訪者は「木の香りがする!」と第一声があがります。木の床はとても感触がよく、ゴロゴロするのにも、快適です。 夏は本当に涼しいです。窓も開けて寝られるので、夜は十分に涼しく、結局我が家にはエアコンがありません。自然の風で十分です。特に梅雨の時期の、家の中の快適さは、経験して初めて知りました。ジメジメ感が全くありません。外から一歩入ると、「あぁ、涼しい、気持ちいい」とつぶやきます。木とシラス壁の家がここまで快適とは、正直想像できませんでした。 また、木の床やペアガラスのおかげで、冬は暖かくすごせます。戸建住宅は寒いと聞いていましたが、今までに住んでいた集合住宅のほうが、ずっと冬は寒かったと感じました。おかげで冬の暖房も今までよりも温度も時間も控えめで十分です。オール電化ではありますが、冷暖房にお金を使わない分、かなり節電できていると思います。

4,これから家づくりをされる方へのアドバイスがありましたらお聞かせ下さい。

満足した家を建てられるのは三軒目、ということばを聞いたことがあります。その話を聞いて、「いや、一軒で満足してみせる」と意気込んだのを覚えています。 我が家の場合は、自分たちのイメージとして、間取りの原案が出来上がっていましたが、そうでない場合も、建てる人のイメージは、とことん伝えていくことが大切と思います。「ことば」でも、「イラスト」でも、「雑誌の切り抜き」でも、なんでもよいと思います。どうしてそのような希望があるのか、具体的に説明ができると、それがプラン的に叶わないときでも、新たな発想で考えてくれると思います。  あとは、コミュニケーションをよくとることだと思います。家族間での互いの考えを伝えることも大切ですし、工務店とのやりとりも大切と思います。「専門家なので、お任せ」ではなく、疑問点は、率直に質問することです。私も、間取りが決まって気を抜いていたら(笑)、屋根、外壁、サッシ類、そして照明・・・と決めることは他にもたくさんありました。長い期間にわたりますが、疑問点などは、遠慮せずに伝えて、ひとつひとつ納得して進めることができました。

※クリックして拡大

Go Top