宮脇建設

会社名 宮脇建設
所在地 愛媛県松山市久万ノ台560-10
電話番号 089-904-1783

「地元の木をふんだんに使った あなただけの「こだわりの空間」」

お客様の建てたい家はどんな家なのでしょうか?
家づくりを考え始めたばかりの頃は、自分の建てる家のイメージが固まっていないものです。ローンや保険に関する知識も少なく、下手をすると言われるがままに契約してしまう人も少なくありません。

ワンランク上の家を建てるだけではなく、家だけではなく、住宅ローンや保険などライフプランに関わる全てのことを、私たちは総合的にご提案しています。多くのハウスメーカーや工務店を回り、様々な提案を受けていく中で、お客様の建てる家のビジョンが見えてくるでしょう。
その後で、最後に私たちの見学会に参加していただければ、なぜ当社がワンランク上の家を建てれるのかがわかるでしょう。


【家づくりへの情熱】

昭和53年創業、約40建設業に携わっています。
代表は今も現役の父、宮脇利雄です。
68歳です。

私は宮脇圭一です。41歳です。
宮脇建設は家族経営の小さな工務店です。
我が社の建てる家の特徴は健康、快適、安心の3つあります。

一つは自然素材を内装に使った家です。
代表的なものに沖縄のサンゴや和紙を使った塗り壁があります。
これらを使うことによって、現在の建材に含まれている化学物質を減少し、シックハウス症候群やアレルギーなどが発生し難い家を作っています。
自然素材と言えば、高いという印象がありますが、我が社は自然素材の家づくり研究会という会に入り、本物の自然素材を適正な価格で仕入れることが可能なので、ご安心下さい。

二つ目は省エネ住宅です。
一軒一軒お客様が建てる土地に合ったカッコイイデザインで断熱も考慮した家です。
気象庁のデータを基に松山市の卓越風を考慮した窓の配置や、日照シュミレーションにより、室内の明るさや室温もわかります。
だんだんと日本の夏は高温化しています。
エアコン無しの生活は考えられないと思いますが、昼間留守の家に夜帰ってきた時、少しでも室温が低ければエアコンをつけて適正温度になる時間は短くていいはずです。
そうする事で省エネになります。
我が社の省エネ住宅とはパッシブデザイン住宅と言い太陽熱、自然風、日射をコントロールして、設備に頼りきらない家です。

三つ目は地震に強い家です。
昨年の熊本地震などあり、松山市でも、昭和56年以前の木造住宅には耐震改修工事に補助金が出ています。
松山市も今後来るであろう東南海地震の影響を受ける為に、色々な対策を講じています。
我が社の作る家は耐震等級3で阪神大震災の1.5倍まで耐えることができる家です。
我が社も、単に家を作ればいいという訳では無く、今後大地震に耐えれる家を作っています。
お客様ご家族の幸せを願い、家族を守る家を作ることが我が社の使命だと思っています。

会社概要

交通アクセス 伊予鉄道高浜線「衣山駅」より徒歩15分
設立年月日 1978年 4月 5日 
代表者名 宮脇 利雄
資本金
従業員数
こだわりポイント 媛檜の家(パッシブデザイン住宅)
アフター保証 株式会社住宅あんしん保証 第04726号
株式会社日本住宅保証検査機構 A6003093
各種資格者 ・二級建築士
・暮らし省エネマイスター
・整理収納アドバイザー2級
各種免許 建設業許可番号:愛媛県知事許可 (般-24) 第16273号
二級建築士登録:愛媛県知事登録(媛)第9003号
所在地 愛媛県松山市久万ノ台560-10
営業時間 9:00~18:00
電話番号 TEL: 089-904-1783
FAX: 089-924-4803
9:00~18:00
URL http://www.miyawakikensetsu.jp/
Go Top