タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 地盤ネット株式会社(ジャパンホーム事業本部)

地盤ネット株式会社(ジャパンホーム事業本部)

住宅は、一生の買い物。

マイホームは、家族の大きな夢を詰め込んだ、
人生の礎となる場所です。家づくりのパートナーとして選んでいただく以上は、
プロとして一切の妥協は許されません。
私たちはとことんお客様のこだわりを伺い、
理想の家のイメージがくっきりと、
思い浮かぶようになるまで、一緒に寄り添って考えていきます。

丁寧な施工で、「無理では?」を「できた!」に変えていく覚悟があります。

東京(首都圏)は、都会ならではのタイトな敷地条件と法的要素がからむ、
ある意味、とても制約の多い土地柄です。
私たちジャパンホームは、さまざまな厳しい条件をクリアしながら、
これまで家づくりをお手伝いしてきました。

東京(首都圏)を知り尽くした、東京(首都圏)ならではの、
家づくりのベテラン集団とともに
“真のマイホーム”実現のために1棟1棟心を込めて、
こだわりの家づくりをしていきたいと思っております。

※弊社は厚木にカフェ併設のお打ち合わせスペースもございますので、
 こちらもお気軽にご利用ください。(所在地:神奈川県厚木市泉町7-20)

いつまでも安心して住み続けられる家

大規模地震が頻発する昨今、安全な住まいづくりへの関心が高まるとともに、
安全な「地盤」にも大きな注目が集まっています。
地盤の特性を知ることからはじまる家づくり「地盤適合耐震住宅」。
地震に強い最先端の住まいが、いま求められています。
万が一の地震時、同じ地域でも宅地ごとの揺れ方は異なります。
そしてその揺れ方の違いが、住宅の被害の受け方を大きく左右するのです。
あらかじめ、各住宅の揺れが予測できれば、より安全な建物を設計できるため、
地盤の特性を知ることが、地震に強い家づくりに繋がるのです。

基本情報

企業名 地盤ネット株式会社
所在地 〒103-0027 東京都中央区日本橋1-7-9ダヴィンチ179ビル2F / 厚木店:神奈川県厚木市泉町7-20
交通アクセス 東京メトロ銀座線、東西線、都営浅草線「日本橋駅C2出口」より徒歩2分(日本橋本社)
小田急小田原線「本厚木駅南口」より徒歩4分(厚木店)
問い合わせ先 TEL:03-3527-9011
FAX:03-3527-9018
営業時間 9:30~18:30
対応可能エリア 東京都、神奈川県 詳細な対応エリアを見る
設立 2008年6月25日
代表者氏名 山本 強
資本金 4億9040万円(2018年3月31日現在)
従業員数 96名<連結>(2018年3月31日現在)
こだわりポイント 「安全な土地・地盤」、「耐震性」、「想像を超える提案力」、「高品質・安心価格」、「業界最高レベルの保証」、「地盤適合耐震住宅」、「地震の揺れやすさが分かる調査を実施」、「リノベーション」、「3階建て住宅」、「二世帯住宅」、「」
対応可能工法 SE構法、木造軸組構法、2×4構法、2×6構法、重量鉄骨構法、RC構法
アフター保証 地盤ネット社は、2012年に株式を公開(東証マザーズ)。上場企業として決算内容、・財務内容を報告、経営の健全性が評価されており、損保会社とのバックファイナンス体制を構築しています。
その体制を活かした地盤ネットだからできる「地盤ロングライフ補償」では、地盤解析技術ならびに業務品質の高さの証明として、補償を付けた物件には1棟ごとに「地盤品質証明書」を発行。初期補償として、万が一不同沈下が発生した場合には、お引渡し日より数えて20年間・最大5,000万円まで建物の損害等を賠償します。
また、「地盤適合耐震住宅」限定の特約として、震度5強までの被害を補償。新築時、「SWS試験」に加え「地震eye®」の調査・検討を行うことで、調査の精度を向上。平時から有事までカバーした「地盤総合判定書」の発行を裏付けとして従来は免責事項となっていた地震災害での損害補償を実現しました。
各種資格者 一級建築士、二級建築士、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー、住宅ローンアドバイザー、木造住宅耐震診断士、インテリアコーディネーター、福祉住環境コーディネーター、キッチンスペシャリスト、地盤インスペクター、積算士補
各種免許 建設業許可証 東京都知事 許可(特-30)第149067号
会社URL https://www.japan-home.com

東京都調布市「入間町の家」 木の質感と自然石が調和した住宅

温かみのある木の質感と自然石の風合いが調和した住宅。間接照明を随所に設置して印象的な空間となっております。

床面積 104.42m2 31.58坪
工法 2×6工法
所在地 東京都調布市
竣工年 2017年

こだわりをすべて詰め込んだ基地のような家

床面積 299.06m2 90.46坪
工法 SE構法+RC造 
所在地 東京都文京区小日向
竣工年 2015年

ご夫婦の「こうしたい」を一つひとつ叶えた "どこを見ても愛おしい家"

床面積 173.12m2 52.36坪
工法 2×4工法
所在地 東京都大田区矢口
竣工年 2014年

2×4 ツーバイフォー工法

2×4住宅は、六面体構造による耐震性、断熱性、気密性などの性能の高さに加え、設計・生産の品質が確保し易く、環境にやさしい木の住まいです。
日本では、まず柱や梁といった“線”で家の骨組みをつくってから、壁や天井をつくっていく軸組工法が主流でした。それに対し、2×4工法では床・壁・天井がはじめから“面”としてつくられ、その面で6面体をつくるように家をカタチづくります。
面構造よって外力を面全体で受け止めることができるので、地震や台風などの災害時には抜群の強さを発揮します。さらに気密性や断熱性など2×4住宅が備えている優れた特長は、この面構造が基本となって実現されています。

地震eyeで徹底した地盤調査

万が一の地震時、場所によって揺れやすさが違うのはご存知でしたでしょうか?
現在一般公開されているハザードマップでは、大きな地層のくくりでしか判断できておりません。ピンポイントで調査を行うと、実は10m場所が違うだけでも揺れやすさが大きく異なるケースもあるのです。
地震に強い家づくりをするには、地盤の揺れをきちんと見える化できる微動探査システム「地震eye」で、住宅地盤調査を行う必要があります。
これも地盤の専門会社が運営するジャパンホームならではの手法です。

トピックス・お客様の声

ご夫婦の「こうしたい」を一つひとつ叶えた "どこを見ても愛おしい家"

「ハウスメーカーとは長いお付き合いになるので『相性』を重視していたのですが、ジャパンホームさんにプランを出してもらった時、すぐに『ここだ!』と思いました。それほど提案力も担当者の人柄も素晴らしかったんです」

トピックス・お客様の声

奥様の理想のイメージを叶えた"ハンプトンデザイン"の空間

「施主が注文するから注文住宅って言うはずなのに、どうしてこちらの注文に『それはできません』と答えるハウスメーカーが多いのか、意味が分からなかった。唯一『できますよ』と言ってくれたジャパンホームさんのおかげで大満足の家ができました」