タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 株式会社ベツダイ 福岡支店

株式会社ベツダイ 福岡支店

「わたしたちにちょうどいい家。」

夢はゼロから、価格は1000万円から。
ベツダイはグッドデザイン賞を受賞した「ZERO-CUBE+FUN」をはじめ、
シンプル&ライフを追求した家づくりを提案する企業です。
ムダを削ぎ落としたスタイリッシュなフォルム、
1000万円をベースに必要なものを足していく楽しみ、
そして外観からは想像できないほどの広さ、明るさ、心地良さ。
ベツダイは1組でも多くのご家族にいい家をお届けすることで、
1棟の小さな灯りから、街の灯りへ、
社会の灯りへ繋げていきたいと考えています。
家族の絆から豊かさは無限に広がると信じています。

「All for life」 
家づくりは大切な人を想うこと

1,000万円基準から妥協しないコダワリある家創り。

家というモノ創りを通してお客さまの豊かな暮らしのステージを
共に感動を分かち合いながら創っていきたい。

1.家創りにかかわる全てをトータルプロデュース
2.1,000万円から始まる家創り
3.自分流をカタチにする8のスタイルをご用意しました
4.確かな実績と信頼。ベツダイの2×4工法
5.現場を美しく
6.相思相愛、パートナーとしての共同作業

お引渡しの際に泣いて喜んでいただきたい、
感動する家づくりをご提供させていただきます。
皆様のご来場を社員一同心よりお待ちしております。

基本情報

企業名 株式会社ベツダイ 福岡支店
所在地 〒818-0125  福岡県太宰府市五条2-5-25
交通アクセス 西鉄太宰府線 「西鉄五条駅」より徒歩2分
問い合わせ先 TEL:092-918-1633
FAX:092-918-1622
9:00~18:00
対応可能エリア 福岡県 詳細な対応エリアを見る
設立 昭和38年3月7日
代表者氏名 姫野 友輔
資本金 100,000,000円
従業員数 170名
こだわりポイント 〇グッドデザイン賞受賞の住まいから、コダワリのコンセプトハウスまで自由に選べるラインアップ
敷地の条件やライフスタイルに合わせて、多彩な表情や新発想の家をご提案いたします。
また、性能に関しても地震に強く、火災に強い、台風にもシロアリにも強いという安心住宅を実現いたします。
対応可能工法 2×4工法
アフター保証 通常「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づく瑕疵保証義務は、引渡しから最初の10年間で終了しますが、ベツダイでは、その後も5年ごとに無料点検します。
このように主要構造部等の定期的なメンテナンスを行うことにより、部分的な補修等で長期間にわたり、安心して住宅に住まうことができます。
各種資格者 宅地建物取引士27名/管理業務主任者3名/1級建築士4名/2級建築士17名/1級建築施工管理技士5名/2級建築施工管理技士7名/1級土木施工管理技士3名/2級土木施工管理技士6名/インテリアコーディネーター1名/ファイナンシャルプランナー1名/マンションリフォームマネジャー1名
各種免許 特定建設業 国土交通大臣免許(特-1)第25328号
一級建築士事務所/大分県知事許可17S-第13264号
宅地建物取引業 国土交通大臣(2)第008565号
マンション管理業 国土交通大臣(3)第92959号
賃貸住宅管理業者 国土交通大臣(2)第0001295号
会社URL https://fukuoka.betsudaihome.jp/

ナチュラルに暮らす、幸福のリズムに合わせて。

ついつい長居してしまうお気に入りのカフェや、美味しい香りがただようパン屋さんのように。
日常に心地よく溶け込むナチュラルな時間。
落ち着きある空間は、シンプルだからこそセンスが問われます。
オフホワイトやスモーキーホワイトにアイボリー。白といっても、
ちょっとしたトーンで表情が変わる。そんな繊細でありながらもバランスのとれたスタイルは、真の強さを感じさせ訪れる人を柔らかく包んでくれるのかも。

工法 2×4工法

気分がいい毎日は、北欧にありました。

長い冬を上手に暮らす北欧の人たちは、家の中で過ごすことがとっても上手。
朝食は家族そろって「いただきます」。「今日は何の本を読もう?」姉弟仲良く本を読む。のびのび、ごろごろ、ゆったり。 大きな吹き抜けや高い天井、2階へつづく伸びやかなひな壇階段はそんな北欧の人たちの暮らしをお手本にしています。笑顔あふれる毎日が訪れ、何もない日もイキイキと楽しくなる。
気分がいい毎日は、北欧にありました。

工法 2×4工法

好きなものを集める、好きな人が集まる。

クラシックなデザインのアイテムに似合うブラックにペイントされた木材や古さと新しさを感じさせるタイルにスチール素材。さまざまなスタイルを、自分らしくミックスする。好きなものが集まった空間は、遊び心を忘れない余裕と個性が光る住まいとなります。ウッドデッキやワイドウィンドウの解放的な集い場には、自然と友人が集まり、会話が弾むコミュニケーションスペースが誕生します。

工法 2×4工法

庭と部屋と家族をつなぐと暮らしが広がる。

暮らしの真ん中に「庭」がある暮らし。個性的なプライベート空間は自然を独り占めできる贅沢なスペース。忙しい朝も、疲れた夜も空を見上げて深呼吸。少し寝坊した休日の朝は、暖かな太陽を浴びながらブランチを。仕事が早く終わった夜は月明かりの下でディナータイムを楽しむ。中から外へ、外から中へ吹き抜ける光と風とともに過ごしてみると、場所も心も広がる。そこに豊かな暮らしの答えがありました。

工法 2×4工法

ZERO-CUBE+FUN

グッドデザイン賞を2010年に受賞。
”わたしたちにちょうどいい家。”シンプルだからこそどんなライフスタイルにもフィットする。
「わたしは、ナチュラルな感じの家がいい。」
「ビンテージ風でもかっこよくていいんじゃないか?」
「和室は、親のために作っておきたいよね。」
「屋上のスカイバルコニーもいいな。」

+FUNで間取りもライフスタイルによって選べた。
価格もあるから、安心した間取りを考えることができた。
シンプルだから、こだわれる家。

本体価格 1,000万円(税別)
工法 2×4工法
コンセプト 1,000万円からはじめる家づくり。

ZERO-CUBE 回KAI

伝統的に自然を愛でる日本人にとって、光や風を積極的に取り込むことが快適な暮らしの条件。
しかしながら、土地の形状や狭さ、近隣住宅との見合いなどさまざまな問題に直面し、充分な採光や通風が得られないのが現状です。
私たちは、心地良さを五感で感じる理想の住まいづくりを追求し、住まいの中心に光庭という「自然」を設ける空間デザインを提案します。

本体価格 1,200万円(税別)~
工法 2×4工法
コンセプト 存在感と防犯性・ゆとりの空間が融合

ZERO-CUBE STEPFLOOR

ZERO-CUBEの良さを縦に、横に、ワイドに広げたステップフロアの家を創造しました。
お届けするのは、4つのフロア、6つの空間、そして自由自在な暮らし方。外と内、光と風、家族のふれあい。
さまざまな歓びが交差しながら、暮らしそのものが風景に変わる家です。

本体価格 1,200万円(税別)~
工法 2×4工法
コンセプト 外観はシンプル、居住空間は広く明るくモダン。

ZERO-CUBE MALIBU

カリフォルニア州ロサンゼルス郡西部の太平洋に面した都市、マリブ。
元祖、サーフシティと呼ばれる真っ青な空と海に抱かれた海岸沿いには、スタイリッシュなショップ、高級マーケット、一流レストラン…そして美しい邸宅が。
砂浜で散歩や日光浴を楽しんだり、波乗りに興じる人たち。
誰もがリラックスしながら、優雅な時間を過ごしている。

本体価格 1,600万円(税別)
コンセプト カリフォルニア工務店とのコラボハウス

ZERO-CUBE MINI

ゼロにこだわり、ゼロから発想することで実現した、1,000万円からの家づくり「ZERO-CUBE+FUN」。
居住空間を広げたり、屋上にスカイバルコニーを設けたりと、自分流の家づくりができる“楽しさ”が人気の秘密です。
そんな「ZERO-CUBE+FUN」に狭小地向けのスマートデザインが誕生。
これまで入りづらかった都市部の敷地でも対応可能になりました。

本体価格 1,000万円(税別)~
コンセプト ゼロキューブがスマートに進化しました。

ZERO-CUBE TOOLS

欲しいモノも、欲しい暮らしも、自分で作りたい!
【ZERO-CUBE TOOLS】は、そんな「DoitMyself」なライフスタイルを叶える家。
好きなコトが多いほど、Tool(道具)も増えていくから、家の中に、趣味に集中できる空間をプラス。
部屋に、壁に、屋上に、ひとつ一つ手を加えて、理想の空間と暮らしを作りつづける。

本体価格1500万円(税別)~
工法 2×4工法
コンセプト 住むが、一生の趣味になる

NY-Studio

ニューヨークの中でも独特の文化を培ってきたブルックリン。
おしゃれなカフェや住宅、倉庫などがまるでアートのように混在し、古いものを活かした気取らない暮らしが息づいています。「NY-studio」は、世界の芸術家たちも注目するブルックリンのそんな生活スタイルを現代の暮らしに融合させた戸建住宅。レンガやエイジング加工のディテールは、クラシカルでありながら新しい価値を与え、その価値は未来へ向かって進化をつづけます。

本体価格1500万円(税別)
工法 2×4工法
コンセプト 美しく、新しい、クラシカルへ。

WTW HOUSE

中庭から光を取り入れる家

ずっと賃貸マンションに住んでいたのですが、“なんだか家賃がもったいないな〜”と感じていました。 ゆくゆくは、マイホームをと考えていましたが今すぐにほしいというわけではなかったので、のんびり探していくつもりでした。
ですが、ある日たまたまベツダイさんのチラシが目にとまり、シンプルな真四角のデザインのZERO-CUBEに心を惹かれ、“実際に見てみたい”と思い見学会場に行きました。
そこで担当スタッフと出会い、すぐに意気投合!(笑)

最初はZERO-CUBEを気に入っていたのですが、少しだけ目線が気になることを担当スタッフに相談したら、同じ真四角の形をしたKAI CUSTOMをすすめてくれました。
KAI CUSTOMはプライバシーを守れるのはもちろんなんですが、中庭があるんです。
実をいうと、家を建てるなら中庭のある家がいいな〜と考えていて、でもそれは注文住宅じゃないとムリだろうと思い諦めていたので、中庭があると知ったときは“もうこれしかない!”と思いました。
主人もZERO-CUBE+BOXかKAI CUSTOMで悩んでいましたが、中庭が欲しいという私の強い要望もありKAI CUSTOMを建てることに決めました。

建物は決まったんですが、土地が決まっていなくて、毎晩インターネットで地元にいい土地がないか探しました。
良さそうと思った土地を担当スタッフに見てもらって、家が建てられるかどうか調べてもらうんですが、土地と建物の大きさが合わず配置できなかったり、土地の制限で建物を建てられなかったりして土地探しにはなかなか苦労をしました...(笑)
この場所がいいから建てる!という簡単な話ではなく、家を建てるにあたって様々な条件をクリアして、ようやく建物を建てれるんだと学びました。
土地探しは大変でしたが、妥協はしたくなかったので、めげずに土地探しをして、気になる土地があったらすぐに担当スタッフに調査依頼をしました。
やっと条件をクリアする土地をみつけ、近所の人たちの話を参考にしたり、周辺環境を調査して、ようやく自分たちが住みたいと思う土地に巡り合うことができました。

次に苦労したのが、ローンを組む前の資金工面。
金利動向・銀行選び・予算の考え方など分からないことだらけでしたが、担当スタッフは、私達の今後の生活と照らし合わせながら一生懸命対応してくれました^^
土地探しを含め担当スタッフには、本当に色々と助けていただき感謝しています。

以前はマンションに住んでいたので、マイホームに住み始めてからは色々なことが新鮮でした。
まず、家を出てすぐに車があること。あと家の鍵とか車の鍵を閉めたか心配になったとき、エレベーターを上り下りしなくてもすぐに確認ができること!(笑) 無駄な時間を省けるので、嬉しいですね〜。
あと、お部屋の壁紙を数種類の中から選んだりするのも初めての経験でしたので、新鮮で楽しかったですし仕上がりも大満足です!
どの場所もお気に入りですが、特にお気に入りなのはお風呂ですね。小物とかを飾って色々アレンジをしています。ついつい長風呂をしてしまうくらいお気に入りの場所です!^^
リビングはソファーからのアングルがお気に入りですね。 夜はキャンドルを灯してゆっくりくつろぐ時間がとても大好きで、毎日自分のこだわりがつまったお家で快適に過ごしてます。

大事なのは営業の方との相性だと思います。
営業マンの方とは週1くらいで会うので相性がよくないといくら建てたい家でも購入するという気持ちにはならないです。 なので、私達は違う担当スタッフだったらマイホームを購入してなかったと思います。
担当スタッフは誠実でさわやかですごくよかったです。 まだベテランの営業マンとは言えませんが、分からないことは分からないと伝え、後日しっかりと調べて返事をしてくれました。

私たちの要望も嫌な顔ひとつせずに聞いていただき感謝しています。 何年後かは経験積んでもっといい営業マンになるのでは?!と楽しみにしています!!
これからも末永くよろしくお願いします!^^

アメリカンビンテージの雰囲気を持つ2世帯住宅

長崎から福岡に転勤になり、賃貸で暮らすことを考えると一戸建てのほうが経済的だという結論になりました。実家の母が『うちの土地に一緒に建てるといいよ』と言ってくれたので、2世帯住宅を建てることにしたんです。
ベツダイさんの家はネットなどで見て、最初から『かっこいいなぁ』と思っていました。四角い感じが好きだったので『ZERO-CUBE』に魅かれましたね。
私たちの家は『ZERO-CUBE STEPFLOOR』、母の家は『ZERO-CUBE RECT』を参考にしたものです。
初めはカリフォルニアっぽいイメージの『ZERO-CUBE MALIBU』がいいなと思っていたので、その要素を加えてアメリカンビンテージの雰囲気にしていただきました。『ZERO-CUBE STEPFLOOR』は、土地を有効活用して余裕のある空間を生み出しているのがすごいですね。

二人ともミニクーパが大好きなので、私たちの家の1階は2台のミニクーパが入るガレージにしていただきました。
通常の『ZERO-CUBE STEPFLOOR』は、1階にキッチン以外の水回り、土間仕上げの大収納、2つの部屋なんですが、1つの部屋と大収納をつなぎガレージにしていただいたのです。でも、無理やり感はなくて、天井も高くて圧迫感のないガレージなんですよ。

2階は『ZERO-CUBE STEPFLOOR』がベースですが、4匹のわんちゃんと暮らしているので、床を滑りにくく汚れにくいわんちゃん仕様に変更したりしています。わんちゃんたちが階段から落ちないように、扉も追加していますね。
玄関から右に続く1階の廊下で母の家につながっています。お互いの音などまったく気にならないように、母が暮らす家は1階が主な居住スペースで、私たちの居住スペースは2階という造りになっています。つながりとお互いのプライベートを両立させる、ほどよい距離感ですね。

リビングダイニングは、配天井にして、高さと広さが感じられゆったりです。好きな家具や照明や雑貨をそろえて…くつろげる空間ですね。対面型キッチンにはカウンターを設置しているので、バーにいるような時間を楽しんでいます。
僕の希望で室内にハンモックが吊るせるようにもしているんですよ(笑)。

家づくりをする時、雑誌やインターネットでの情報収集も大切ですが、やはり実物を見て感じることは多いと思います。
ベツダイさんの家はモデルルームで実際に体感することができたのでイメージしやすかったですね。
ベツダイさんの提案する家は商品ラインナップが豊富ですから、マイホームを考えている方の好きなタイプのものが見つかりやすいかもしれません。家づくりをゼロから考えるのは大変だと思うんです。
ゼロからつくるのではなく、ベースを決めてからアレンジしたりカスタマイズしたり…いろんなことを相談できます。
私たちはわがままし放題だったかもしれませんが(笑)。
でも、わがままな相談を言える会社さんや担当者さんでよかったです(笑)。

見た目はコンパクトだけど…コスパ抜群の家

結婚が決まり、賃貸するよりも自分たちの住まいを持つほうがお得かなと思ったのが、家のことを考え始めたきっかけです。いろいろ調べたり見に行ったりしていたのですが、ベツダイさんの家はシンプルなデザインだし、おしゃれでかっこいいなぁと思っていたんです。
まず『ZERO-CUBE』が目につきましたし、『STEPFLOOR』や『KAI』にも魅かれてましたね。そして、土地を探していたのですが、ベツダイさんの建売モデルハウスが出たんです。それがこの家ですね(笑)。
『ZERO-CUBE』の流れをくんでいる『ZERO-CUBE MINI』ですから、デザイン的にも何の問題もないし、広さも十分。場所も住宅地でとても静かですから、すぐに決めました。

外から見たイメージはコンパクトなキューブ型の家という感じだと思うのですが、外見から想像するイメージと比べ、1階のLDKはもちろん中はとっても広いんですよ!
2階には3部屋ありますが、主に使っていのは寝る時の寝室だけですしね(笑)。リビングには大きなテーブルは置かずにソファーとカウンターテーブルだけを置くことでよりゆったりした雰囲気にしています。床は木で壁は白色というシンプルな色合いの部屋の中で、石油ストーブとその上の赤いポットがかわいいでしょう?(笑)。

私たちはふたりともアウトドアが好きなので、そのストーブはキャンプにもっていくこともあるんですよ。この家の断熱性と機密性が高いからだと思いますが、寒い日でもそのストーブ1台だけで十分あたたかいですね。以前に暮らしていた家よりも広くなっていますが、今のほうがあたたかくてお得になってます(笑)。また、耐震性能などもしっかりしている頑丈な家なので、住み心地のよさとともに、基本性能部分での安心感も感じています。

キッチンまわりが広くなって料理するのも楽しいですよ。対面型キッチンなので、料理しながらでも会話ができますね。キッチンとキッチン背面にある棚との間には十分なスペースが確保されていて余裕がありますし、シンクも大きくなって使い心地がよくなりました。二人で料理することもあるんですよ。
お風呂も見た時から『広いな』と感じていたんですが、実際に湯船につかってみるとさらに広さを感じています。ゆっくりくつろげるので、毎日のお風呂タイムが楽しみですね。
私たちは最近よくテレビなどで取り上げられるようになったスポーツ『スラックライン』のインストラクターを務めることもあるのですが、一戸建てになり、その練習器具を置くことができる部屋もできました。安心して練習することができるのもいいですね。
それから、車は余裕で2台駐車するスペースがあって、3台駐車することも可能です。中も外も、パッと見た感じよりも広い、余裕のある家なんですよ(笑)。

家づくりに関して、細かく考えて初めからがっつり作り上げるというやり方もあるとは思いますが、暮らしながらちょっとずつ変えていくのも楽しいのかなと思っています。ベツダイさんの家はシンプルなデザインだからいろいろ手を加えられるし、何を置いてもどんな雑貨を飾っても映えるし、飽きがきませんよね。
すでに私たちも、必要と感じた部分に棚を付けたりもしましたよ。これから“自分たちの家”になるように少しずつカスタマイズしていくのも楽しみですね。

家っていいですよ。私たちは新しい家になってごはんをきちんと食べるようになりました。お菓子など余計なものを食べなくなりましたね。より健康になっていっていると思います(笑)。そして、家族が待っている家のぬくもりっていいですよ。今は、毎日どこにいても『早く家に帰りたい』と思ってしまいますね(笑)。