タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 株式会社雅工舎

株式会社雅工舎

木の温もりを感じる「雅」の住まい。お客様に3つのお約束を致します。

私たちは3つのお約束のもと家づくりに取り組んでいます。

1.誠実に、真摯に向き合う
お客様のご要望にお応えできるよう日々研鑚を積んでいます。

2.各分野の専門家がバックアップ
高い技術を持つ、経験豊富な専門家が施工します。

3.安心のアフターフォロー
お引き渡し後も、定期点検などで快適な暮らしをフォローアップします。

「雅工舎」の経営理念  私達はお客様、取引先、社員の3つの満足で発展向上し、地域社会に貢献する品質日本一の工務店を目指します。

代表の想い 代表取締役 泉井鉄雄(いずい てつお)

若輩の頃、林業従事者の跡継ぎとして奮闘していましたが、林業を取り巻く環境は厳しく、バブル崩壊と共に林業に見切りをつけました。しかしながら、林業・木造住宅への愛着は捨て難く、不動産業や工務店営業の仕事に関わってきました。
バブル崩壊から30年近くを経て、いつの間にか住宅産業は国産木材回帰の流れが主流となってきました。
その経緯にはやるせない思いがありますが、ここでは触れずにおきます。
そのような流れの中、林業・木造住宅への想いを今一度、形にしたい思い、平成26年に「株式会社雅工舎」を立ち上げました。
紀州周参見(すさみ)の桧、吉野(私の故郷)の杉や桧、熊野の杉・桧を使った長期優良住宅仕様の省エネ性能に優れた注文住宅をお届けして参ります。

基本情報

企業名 株式会社雅工舎
所在地 〒612-8435  京都府京都市伏見区深草泓ノ壺町33-1グラン・ドルーム伏見北402号
交通アクセス
問い合わせ先 TEL:075-606-2380
FAX:075-606-2388
対応可能エリア 京都府 詳細な対応エリアを見る
設立 2014年6月
代表者氏名 泉井 鉄雄
資本金 200万円
従業員数 3人
こだわりポイント
対応可能工法 耐震性能に優れたTIP構法(日本TIP建築協会)を採用。
標準仕様を長期優良住宅仕様とし、数世代にわたって住み継がれる可変性ゆたかな住まいを提供いたします。
アフター保証
各種資格者 ●代表取締役社長 泉井鉄雄
宅地建物取引士 (大阪)第095745号

昭和35年9月4日奈良県生まれ
昭和58年 私立大阪商業大学 商経学部経営学科 卒業
昭和59年 フォークリフト運転技能講習修了証取得
平成20年 宅地建物取引主任者試験合格
平成25年 小型移動式クレーン運転技能講習修了証取得
平成25年 玉掛け技能講習修了証取得
平成26年 3級建築大工技能士検定試験合格
平成26年 住宅省エネルギー施工技術者講習修了証取得

●専務取締役 田村憲治郎
一級建築士 第187990号
京都府木造住宅耐震診断士

平成26年 住宅省エネルギー施工技術者講習修了証取得
平成27年 住宅省エネルギー設計技術者講習修了証取得

各種免許 登録番号 (01A)第02475号
名称 一級建築士事務所 株式会社雅工舎
日本TIP建築協会会員
住宅瑕疵担保責任保険法人 住宅保証機構加盟
会社URL http://miyabi-kosha.com/index.html

京都府久御山町N様邸

昨年、2018年の台風21号の被害により、瓦屋根が損傷し、大変な雨漏りに見舞われたN様ご夫婦。
修復には多額の費用がかかることもあり、建替えを決意されました。
N様曰く「ご近所でTIP構法のお家が建っているのを見て、地震・台風に強い構法だなと思っておりました。建替えを決意するにあたって、TIP構法でお願いしようと思い、雅工舎さんに相談したのです。」

床面積 70.86m2 21.43坪
工法 TIP構法標準仕様
所在地 京都府
竣工年 2019年
コンセプト 建替え前の旧家屋は2018年の台風21号の豪雨と強風により屋根瓦が飛ばされて、その影響が原因となり、雨漏れを発生。状況を確認して欲しいとのご依頼を頂いたのが建替え(新築)への始まりでした。外観は落ち着きのあるモダン和風調の木目調と塗壁調の防火サイディング貼りを提案しました。内部は動線(使いやすさ)と無駄のない住空間を考慮。特にアレルギー体質である奥様を気遣って、床材にパイン(松)も無垢材(厚み3cm)を提案し、採用されました。地型と敷地面積の関係で関西間とTIP高耐力仕様を断念し、関東間サイズのTIP標準仕様で施工しましたが、土台と柱には桧の無垢材、梁は米松の無垢材を使用し、これから30年以内に発生すると言われる南海トラフ地震に対しても安全・安心な長期優良住宅仕様を提案出来たと思います。

広々とした関西間(京間)985モジュールの住まい。

関西間(京間)とは、一間=6尺5寸(曲尺)、もしくは畳の寸法を6尺3寸×3尺1寸5分としたもので、京都を中心とした西日本で広く用いられました。
「雅工舎」では関西間を採用することにより、関東間よりも約2割広い空間になります。

安心・快適の長期優良住宅仕様

「長期優良住宅」とは、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備に講じられた優良な住宅のことです。長期優良住宅の建築及び維持保存の計画を策定して所管行政庁に申請することで、基準に適合する場合には認定を受けることができます。

コンセプト 最大110万円の補助金の受給が可能(抽選となります。)また、住宅ローン減税、登録免許税の引き下げ、不動産取得税・固定資産税の優遇が受けられます。「雅工舎」では永く住み継がれる「お住居(すまい)」が住まいづくりのコンセプトとしています。長期優良住宅はこのコンセプトに合致するものと確信しています。

安心・安全の耐震性能「TIP構法」

TIP構法は、画期的な耐震工法です。東京工芸大学工学部建築学科上西研究室(構造)での耐震実験をもとに開発された耐震構法で、構造力学の原理を活用して、耐震性能を倍増させた在来軸組み構法です。
「どんな地震・台風にも耐える丈夫な住まいであってほしい」そんな願いをこめて開発されたTIP構法。その安全性・信頼性をご確認ください。詳しくは日本建築協会のHP [ http://tip-str.com ]をご覧下さい。

躯体強度抜群の4寸規格の構造材。

4寸角(12cm角)を、構造用柱と土台に採用しています。一般的には、3.5寸角(10.5cm角)の柱が使われることがほとんどです。もちろん構造上、3.5寸角を使用した住宅でも問題はありませんが、4寸角の場合、3.5寸角と比べると断面積は1.3倍以上で、それに併せて梁や桁の厚みも4寸になり、強度が大幅にアップします。これにより、耐震・耐久性の高い家を提供することができるのです。

自然が生んだ理想の断熱・吸音材「セルローズファイバー」(オプションとなります)

「セルローズファイバー」とは、天然の木質繊維のことです。「セルローズファイバー」はさまざまな太さの繊維が絡み合い、空気の層をつくります。この空気の存在が熱や音を伝えにくくし、また適度な湿度を保ちます。

まだ登録がありません。