タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > オガワホームAS株式会社

オガワホームAS株式会社

良い家に住むことは万人の願い、 この願いを実現するため全力を尽くします。

オガワホームAS株式会社は、「顧客第一主義と、よりよい住宅環境の実現を目指して」という企業理念のもと、おかげ様で創業50年以上、5,000棟を超える施工実績とともに地域の方々と信頼関係を築いてまいりました。
「ご希望に合った家を建て、お付き合いいただきながら共に同じ町で暮らし続ける」
 その気質は、地元の皆様、社員はもとより職人、納材店、他の地域で建てられる方々からも共感され、
半世紀に渡る信頼と実績につながっています。 


 これからの日本は少子高齢化・人口減少社会に突入し、住宅業界も変革を余儀なくされています。省エネ性能や耐用年数が求められ、住宅の資産価値を重視する時代に変わりつつあると言えるでしょう。
 そんな時代の中にあって、長年にわたりこだわってきたのは、私どもが建てた住宅でお客様にいかに長く幸せに暮らしていただくかという点でした。これからも志は変わらず、新築からリフォームまで、お客様と共に住まいづくりに関わることに感謝し、性能・品質にこだわった家づくりの実現に社員一丸となって邁進する所存でございます。そして、こうした一連の住宅事業を通して地元地域に貢献し、愛される企業を目指してまいります。
 今後とも私どもオガワホームAS株式会社をよろしくお願い申し上げます。

埼玉でつくる健康住宅「ロハススタイルの家」

オガワホームの家づくりでは、健康住宅を実現するための施工方法に限らず、毎日過ごす住空間に用いる素材にもこだわってきました。
ひとつのライフスタイルである「ロハススタイル」をテーマに、単に自然素材を使うだけではなく、より効果的に、デザインにも色合いにもこだわっています。

LOHAS(ロハス)とは、英語の “lifestyles of health and sustainability”の頭文字をとった略語です。
健康と地球の持続可能性を志向するライフスタイルという意味で、「エコ」と似ているようですが、なるべく無駄な物を買わず、再利用して環境を守ろうというのがエコの考え方であり、ロハスは無理や我慢ばかりではなく、自分たちの幸せの向こうに社会の幸せや地球環境への貢献が地続きでつながっている、という考え方です。人にも環境にも優しい暮らし。それが「ロハススタイル」に表されるライフスタイルなのです。

「ロハススタイル」という考え方を取り入れてプランニングするのが、オガワホームが提案する健康住宅シリーズ「ロハススタイルの家」です。住まわれるご家族の健康はもちろん、家そのものが丈夫で長持ち、そして地球環境にも優しい。そんな住まいづくりを実現させるのが私たちの思う健康住宅です。
ロハススタイルな家では、ご紹介した自然素材をふんだんに利用したモデルハウスや、 随時 実際に施工した住宅の見学会などを積極的に企画しています。
既に住み始めた家におじゃまして、施主さん交えて話もできる”住み心地体験会”は、 予約必至の人気イベントになっています。皆さまのライフスタイルやご希望に合った形で、お気軽に体験していただきたいと思っています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

基本情報

企業名 オガワホームAS株式会社
所在地 〒334-0054  埼玉県川口市安行北谷 545-1
交通アクセス お車:草加ICより約5分 
電車:東武伊勢崎線 草加駅西口→バス10分(安行北谷中央)徒歩3分
問い合わせ先 TEL:048-290-6464
FAX:048-290-6465
受付対応時間 9:00~18:00
対応可能エリア 埼玉県 詳細な対応エリアを見る
設立 1994年2月18日
創業1970年
代表者氏名 吉井 誠悟
資本金 2000万 グループ資本金2億1千万
従業員数 20名
こだわりポイント 【“本物の健康住宅”を目指して】
オガワホームは、「健康」や「安全」といった人が暮らしていく上で大切なテーマを、ただのブームと捉えて表面的な宣伝材料にすることはしておりません。
1970年の設立以来、地域のお客様の信頼によって支られ、最高レベルの本物の健康住宅を目指して日々技術を追求しています。
今私たちに出来ることは、この“本物の健康住宅”を普及することです。

【人に優しい天然素材を使った木のぬくもりを感じるロハスな家づくり。】
オガワホームの家づくりでは、健康住宅を実現するための施工方法に限らず、毎日過ごす住空間に用いる素材にもこだわってきました。
《オガワホームで使用している天然素材とその特徴》
1.漆喰の白く味わい深い壁
漆喰は珪藻土などと同様に調湿機能に優れ、水分が多い時は吸収し、湿度が高い場合は排出する特性があります。 防火・消臭機能もありシックハウスなどで問題となったホルムアルデヒドを分解するという報告もあります。
そして何より漆喰の良さは「自然な白さ、味わい深さ」。 内装・外装両方で使え、適材適所で効果的に使用すると、味わい深いオリジナリティ溢れる家になります。
施工の際には、十分に漆喰のことを知り尽くしたプロにお任せください。

2.珪藻土の人に優しい浄化機能
珪藻土とは、藻類の一種である珪藻の殻の化石などからなる堆積物(堆積岩)がベースです。
日本では古くから家屋などには用いられてきました。
調湿機能や、消臭・耐火などにも優れていて、アレルギー対策としても効果があると室内の壁などに利用されています。

3.杉の特徴を活かした「無垢の床」
サウナなどの床や壁に木材が用いられている理由は、熱を伝えにくい性質を持っているからです。 空気をふんだんに含んだ木が、夏はひんやりと感じ、冬はぬくもりを与えてくれます。 特に杉は柔らかく、視覚的にも自然が作り出した色彩と唯一無二の模様が魅力的。杉を用いた無垢の床がリビングや子供部屋などに選ばれるのも納得ができます。

これらの素材を用いたロハススタイルな家は、モデルハウスや、実際に施工した住宅の見学会でご覧いただけます。
予約必死の人気イベントとなっておりますので、ぜひお越しいただき、お気軽に体験していただきたいと思っています。

【最高級の基礎構造】
1. 最高の耐震等級
オガワホームの基礎構造は「耐震等級3=最高等級」。
建築基準法で定められた基準の1.5倍の強度を満たしたものが、耐震等級3に値します。

2. 防湿3重構造で湿気防止
オガワホームの施工はコンクリートだけでも基準を大きく上回りますが、防湿シートも非常に重要だと考えています。なぜなら、コンクリート60mmの4~5倍の透湿抵抗を持つからです。これらの徹底した対策で木造の天敵(湿気)から建物を守ります。

3. 耐震性能に直結するアンカーボルト
土台と基礎とをつなげる役目を持つのがアンカーボルトです。オガワホームでは「固定方式」という精度が高く、住宅の強度をより確かなものにする施工方法を採用しております。

4. より強固な基礎を求めて
一般的に木造の基礎幅は150mmに設定している会社が多いようですが、「より強固な基礎に」を合言葉に当社の基礎幅は180mm。
また、基礎工事における最大のこだわりは、「基礎天端(基礎の上側の表面)の水平誤差±0.5㎜」という徹底した社内基準。基礎が水平でなければ家は垂直に建ちません。当然のことだからこそ、基礎工事の際にはお客様にも自分の目で確認していただいています。こだわり抜いたこの技術力をぜひご覧ください。
対応可能工法 木造軸組み構造
アフター保証 施工後10年以上の定期保障
各種資格者 1級建築士 
2級建築士
インテリアコーディネーター
インテリアプランナー
エクステリアプランナー
福祉住環境コーディネーター
宅地建物取引主任者
ファイナンシャルプランナー
シックハウス診断士
各種免許 建設業許可  :埼玉県知事(特30)第60161号
一級建築士事務所:埼玉県知事(1)第10859号
会社URL https://ogawahome-as.com/

グランドピアノの音色が心地良い家

全体的にナチュラルな雰囲気に仕上げた住宅。ところどころに施主様のセンスの良さが光ります。いつかピアノ教室を開きたいという奥様のご要望にお応えして、グランドピアノが入るレッスンルームを確保。大きなガラスの引き戸で仕切られているので、奥様がリビングで家事をしながらお子様の練習を見守ることができますし、開放すればちょっとしたホームコンサートもできるようご提案させていただきました。

床面積 112.81m2 34.12坪
所在地 埼玉県さいたま市

大きな書庫と書斎のある家

壁一面に本が並ぶ書斎のほか、玄関からリビングを結ぶ廊下に床タイルを貼るなど、隅々に施主様のこだわりが感じられる住宅です。特に廊下の白いタイルは清潔感があり、中庭から差し込む光を反射するので、廊下がとても明るく気持ちの良い空間に。お子様も走り回れる広さを備えた、家族みんなの「嬉しい」が詰まった家づくりとなりました。

床面積 136.51m2 41.29坪
所在地 埼玉県さいたま市

お子様にも優しい 自然素材に包まれた家

施主様の第一のご要望は、リビングと一体化した広い土間スペース。この土間だけでなく、1階部分は窓に様々な表情を持つ障子を取付け、空間全体を柔らかな光が覆うように演出しました。床全体は、施主様が木の色を気に入られた節のぶ厚い無垢杉を採用。小さなお子様も素足でのびのびと駆け回れます。漆喰や珪藻土、無垢材など自然素材をたっぷり使用し、冬は高断熱で暖かく、夏は自然吸湿が効いて涼しい空気が流れます。

床面積 103.47m2 31.30坪
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町

大きな階段吹き抜けが家族をつなぐ家

一見シンプルな洋風の外観のお住まいですが、内部は中央に大きな吹抜け階段ホールを持つ、開放的なお住まいです。この吹抜けは、光を取り入れ、風を通り抜けさせるメリットもあります。また、中2階のような広い踊り場はカウンターを造り付けた書斎コーナーとなっています。家族のつながりとプライバシーを両立させた間取りです。

床面積 122.84m2 37.15坪
所在地 埼玉県鴻巣市

大きな土間と和モダン空間にこだわった家

施主様にとって長年の夢だった「古民家風の家」を“イメージありき”で設計に取り掛かりました。今回の住宅では施主様のご要望もあり、広い土間空間やスクリーン状の空格子引戸など、“お好きな空間要素のイメージを組み合わせるようにして一軒の家に仕上げていった”と言ったほうが近いかもしれません。“そこにたたずんでみると新しい使い方が生まれてくるような”そんな創造的な生活を楽しめるお住まいになりました。

床面積 127.34m2 38.52坪
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町

立体的な大空間にくつろぎや食事のゾーンを配置

1階はプライベートな諸室、2階はパブリックな空間という構成です。階段は上がるにつれ、トップライトやロフトのある立体的な空間が現れるという、ワクワクの空間演出がポイント。リビングダイニングは2階に配置し、隅から隅まで見渡せる広々とした造りに。走り回って遊ぶもよし、くつろぐもよし、気に入った場所に陣取って過ごせます。

床面積 126.76m2 38.34坪
所在地 埼玉県北本市

ボルダリングのできる家

住まいの中でいかに“自由で開放的な暮らしが送れるか”をコンセプトに、暮らし方からじっくりと掘り下げて設計していきました。大きな芝生庭にバードサンクチュアリを設え、お子様とテラスのハンモックで寛ぐ生活。まるで故郷イギリスの大自然に包まれた、カントリーハウスさながらの住宅です。その中で「和」の要素も取り入れ、日本人の奥様と共通のテイストを楽しむことも、家をつくるにあたって大きなテーマでした。

床面積 150.29m2 45.46坪
所在地 埼玉県さいたま市

中庭のあるナチュラルホワイトの家

室内の壁はすべて漆喰で、天井以外は施主様ご家族が2日かけて塗りあげたもの。漆喰の調湿効果のおかげで、住まい全体が年じゅう快適な室温をキープしてくれます。玄関にはシューズクロークを設け、そこからキッチンへと抜けられるようになっています。内観は何にでも調和するシンプルな漆喰&無垢材で統一されているので、レンガのコーナーやタイル壁がおしゃれな空間を演出します。

床面積 125.23m2 37.88坪
所在地 埼玉県南埼玉郡

杉板張りと漆喰塗りの大空間

杉の無垢材と白い漆喰塗りを基調としたお住まい。お客様の細かなこだわりがぎっしり詰まっています。リビングの壁に造り付けたコルクボードや、キッチンに組み込んだ既製のマガジンラックはその一例です。

床面積 105.57m2 31.93坪
所在地 埼玉県北足立郡伊奈町

ナチュラル感覚で作り上げた、土間空間と大きなリビングの家

杉の無垢材と白い漆喰塗りを基調としたお住まい。お客様の細かなこだわりがぎっしり詰まっています。リビングの壁に造り付けたコルクボードや、キッチンに組み込んだ既成のマガジンラックはその一例です。

床面積 116.33m2 35.18坪
所在地 埼玉県戸田市

ロフト付LDKが家族の楽しみを生みだす家

「子どもたちがのびのび過ごせる住宅を」という施主様のご要望に応え、シンプルで、ライフスタイルの変化に応じてフレキシブルに対応できるような間取りにしました。天窓で自然光を取り込むことができるロフトは、子どもたちの秘密基地。夜になれば天窓越しに星空を楽しめ、家族みんなのお気に入りの場所。リビングを中心に広がるダイニングスペースなど、家族のつながりを感じることができる住まいとなりました。

床面積 121.93m2 36.88坪
所在地 埼玉県さいたま市

自転車とバイクと共に暮らす家

バイク好きのご縁で結ばれた施主様ご夫婦が望まれたのは、バイクや車と共に生活ができる空間でした。自転車2台、バイク2台と備品がきれいに収まるガレージは、趣味に特化したオンリーワンの空間。また、「ツーリングなどで洗濯物が多くなりがち…」というお悩みを解決するため、洗濯室や衣類収納庫は少しでも容量を多くしようと工夫しました。室内から手入れの済んだバイクを眺めるのが、施主様の至福のひと時だそうです。

床面積 159.62m2 48.28坪
所在地 埼玉県さいたま市
まだ登録がありません。

大きな書庫と書斎のある家の施主様のお声

壁一面に本が並ぶ書斎のほか、玄関からリビングを結ぶ廊下に床タイルを貼るなど、隅々に施主様のこだわりが感じられる住宅です。特に廊下の白いタイルは清潔感があり、中庭から差し込む光を反射するので、廊下がとても明るく気持ちの良い空間に。お子様も走り回れる広さを備えた、家族みんなの「嬉しい」が詰まった家づくりとなりました。

中庭のあるナチュラルホワイトの家の施主様のお声

複数の工務店が集まる展示会で偶然出会ったのが、オガワホームの営業担当さんでした。売り込むような営業スタイルではなく、素材や家づくりの不安、疑問について丁寧に対応してくださるスタイルで、あまりにも商売っ気がなく、逆に安心してなんでも素直に相談できました。宿泊体験にも参加して、気が付いたら開放的な自然素材の家に魅せられていて(笑)オガワホームさんとの家づくりは、実際私達との二人三脚でした。プロの視点からアドバイスをいただきながら家づくりの構想を練っていき、体にやさしい素材や好みのパーツを取り入れながら、理想の家をつくることができました。住んで4年になりますが、ずっといいお付き合いが続いています。

杉板張りと漆喰塗りの大空間のお家の施主様のお声

土地探しから相談に訪れていました。少しでも陽当たりがよい方がいいと、約半年をかけ、オガワホームさんと二人三脚で理想の土地を探し、最終的に選んだ土地は他社の建築条件付きで手続きがかなり煩雑でした。対応はオガワホームの営業さんがしっかり間に入り代行してくれたので、わたしたちは家づくりだけに集中できました。営業、設計、職人さん…関わる方全員の『いい家にしたい』という気持ちが響きました。また、どんな無理なお願いをしても「できない」と一言で片づけず、「じゃあ、こんなのはどうですか?」と代わりの案をたくさん出してくれて。ご近所のママ友を招待するのが嬉しい、理想の住まいになりました。

ナチュラル感覚で作り上げた、土間空間と大きなリビングの家の施主様のお声

もともと自然素材を使った家づくりを考えていましたが、オガワホームさんのモデルハウスを訪れた時、玄関ドアを開けた途端に木の香りが漂って来て。「そういえば今日、木の香りがする家は一軒もなかったな」と今さらのように気づいたんです。自然素材だけを一方的に勧めることもなく、売り込みも一切しないスタイルに、他社の営業とは全く違うものを感じていました。その後1年余り掛けて様々な会社を見て回り、モデルハウスでの宿泊も2社ほどで体験しましたが、最終的にオガワホームさんに決めました。
この家で暮らすようになり、手を加える楽しさに目覚めたというか。夫はもともとDIY好きでしたが、実はわたしも「造る」のが好きだってことに気づきました。雑貨や鉢植えを集めるのが楽しいです。家で過ごす時間が長くなって、出かけることも減りました(笑)。お気に入りは、天井高にメリハリをつけた開放的な2階リビング。勾配天井からはたっぷりの光と風が通り抜け、室内はいつも心地よさに包まれています。