タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 株式会社あべ建築センター

株式会社あべ建築センター

会社概要

その人、その家族のライフスタイルに合わせた最高の住まいを

住まいに望むことは、一人ひとり、家族毎に、千差万別です。そんな要望に応えるため、サイエンスホームはお客様のご希望に合わせて柔軟、より自由な間取り、構造をご提案。お客様に寄り添った家づくりをお手伝いします。

利便性、快適性、耐久性はもちろん、将来のリフォームやリノベーションにも多応しやすい柔軟性に富んだ構造や間取りで、そのご家族が永く暮らすのに最も最適な住まいをご提案させて頂きます。

その家に住むすべての方にご満足頂ける様に

私たちが家づくりに取り組むとき、常日頃心掛けている想い。それはなにより、住まう施主様とご家族様に心から満足して頂ける家をつくること。


そんな家づくりを実現するため、 私たちには3つの「優しさ」と3つの「強さ」こだわりがあります。

【優しさ】
①本物の自然素材を使った、人・環境に優しい家づくり
これら自然素材は吸湿性・放湿性がよく、常に、空気中の湿度を一定に保つ効果があります。また、湿気だけでなく、空気中にある有害物質を吸着する働きもあります。
気密性の高い現在の住宅では、空気がこもりやすく、シックハウス症候群やアレルギーを引き起こす原因の1つとも言われています。
自然素材を住まいに使用することは、空気をキレイに保ち、元気で健康に暮らすための重要な要素なのです

②家族みんなが住みやすい家をご提案
これまで数多くの住まいの新築、リフォーム工事を行なってきた経験から、お客様の様々なご要望にも柔軟に対応。
永く暮らす家だからこそ、自分好みのデザインにしたい、そんな要望にもお応え致します。もちろん見た目だけでなく効能性も重視し、毎日を快適に暮せるデザインをご提案させて頂きます。

③気密性の高い仕様で、余計な燃料、光熱費を削減
断熱・気密化により、今まで外部に逃げていた熱ロスを押さえ、省エネルギー性を高めます。また、適切な気密化は計画換気の効率を高め、花粉症などのアレルギー疾患の予防に役立ちます。更に、いつも新鮮な空気を取り入れ、快適な環境を作ります。

【強さ】
①強固な土台と頑丈な柱で、自然災害から大切な家を守ります
通常、通し柱のみに使われる4寸角(12cm角)を、全ての柱(通し柱・隅柱・管柱)と梁幅に採用しています。
一般的には3.5寸角(10.5cm角)の柱が使われることがほとんどで、もちろん3.5寸角を使用した住宅でも構造上問題はありません。
ですが、4寸角の場合、3.5寸角と比べると、断面積は1.3倍以上。強度が大幅にアップします。
これにより、耐震・耐久性の高い家を建てることができます。

②瓦の屋根・窓冊子・薪ストーブ仕様により1年中快適に
「暑さ、寒さのストレスから解放されて、いつも快適に過ごしたい」という、理想の住まいを実現するのが高気密高断熱住宅です。
気密と断熱の施工をすることで、冷暖房に頼り過ぎなくても年間を通して快適な室温を保ちやすくなります。

③年月を経ても安心して暮らせる家づくり
SAハウスの家はベタ基礎に5寸柱を使用。高い耐久性能で、永く快適に住み続けられる家づくりで、安心と安全をご提供。
また、将来のリフォームも見据えた構造、間取りなどの設計で、ライフスタイルの変化に合わせたリフォーム、リノベーションが可能。より永く、世代を越えて暮らせる家を目指しています。
私達は豊富な経験を元に、いつまでもより永く暮らせる家づくりを提案しています。

タウンライフ家づくり

基本情報

企業名 株式会社あべ建築センター
所在地 〒023-0841  岩手県奥州市水沢真城字北上野1-14
交通アクセス
問い合わせ先 TEL:0197-47-3216
FAX:0197-47-3217
対応可能エリア 岩手県
設立
代表者氏名 阿部 節郎
資本金
従業員数
こだわりポイント
対応可能工法
アフター保証
各種資格者
各種免許
会社URL http://www.abe-house.com/

建設事例

O様邸

山小屋をイメージした天井高のあるアクティブ空間

床面積 86.00m2 26.01坪
工法 真壁づくりの家 柱や梁などの構造材が現しになった日本の伝統工法です
所在地 岩手県
竣工年 2020年
コンセプト やすらぎに包まれリラックスできる空間

M様邸

大家族向け大型住宅

床面積 144.08m2 43.58坪
工法 木造築組工法
所在地 岩手県
竣工年 2022年
コンセプト 住みよいバリアフリー

S様邸

木のぬくもりを感じるひのきづくしの家

床面積 127.00m2 38.41坪
工法 真壁づくりの家 柱や梁といった家の構造材が現しになった日本の伝統工法
所在地 岩手県
竣工年 2019年
コンセプト リフォームのしやすい住宅

S様邸

土間を活かしたゆったり玄関と将来を考えた間取りづくり

床面積 130.00m2 39.32坪
工法 真壁づくりの家 柱や梁といった家の構造材が現しになった日本の伝統工法
所在地 岩手県
竣工年 2019年
コンセプト 将来を考えた間取りづくり

まだ登録がありません。

まだ登録がありません。