タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 学ぼう!注文住宅の家づくり講座 > 家・注文住宅に関する風水や家相について

家・注文住宅に関する風水や家相について

家相と風水

科学的な裏付けのある「家相」と「風水」。
風水や家相は諸説があるが都市や住居の吉凶を占うものとして用いられてきた。家相は風水などの方位学と通じる開運学の一つです。

俗に中国には昔匈奴という東北地方からの部族からの盗賊の脅威、また風や雪といった季節風による自然の脅威から家を守らなければなりませんでした。匈奴からの侵入を防いだのは万里の長城でした。住居では鬼の脅威から家を守るため悪い場所として「鬼門」「裏鬼門」という位置を決めることが家相の基本的な考え方です。

しかし科学的に見ても悪い場所ということは認められています。
鬼門は北東角を指し、その場所は北風が当たるところでゴミがたまったり乾燥せずじめじめするところで不浄な場所になり、落葉が腐ったり、匂いが部屋の中に回ったりして家に悪影響を与えます。

ですからこの角を土塀などで二重に囲ったり桃の木を植えたりして家への厄除けとする工夫がなされてきました。逆に裏鬼門に当たる南西角は、西日が当たる場所です。ここでは温度が高くなり、腐敗が起こりやすくなります。

ですからここには樹木を植えて西日を遮るなどの工夫が施されています。家相というのは、迷信のような胡散臭い考えではなく、ちゃんと自然科学の裏付けのある思想なのですね。

一方、風水は読んで字のごとく「風」と「水」のことで、それぞれの「気の流れ」を意味しています。川の流れを「龍の道」と呼び、川と川が出会う場所などでは洪水や霧などで湿気が多く災害や病気の原因を起こしやすくなります。こういうところを避けるのが賢明とされていました。

また風の道は風の流れですから風と一緒に病気や冷気を運んできて同じように病気の原因をつくる元だと思われたのです。家のどこにドアや窓を設けると、家の中を心地よい風が通り抜けるかがわかります。

風水もまた自然現象についての考え方ですが、台湾や香港では現在の家づくりにも活かしていてよい方位であれば子孫繁栄にもつながるといわれています。

知って得する法的知識

行政の支援体制を活用する。
現在住宅の法律は原則安全で快適な住宅をつくることを目指して法律を作っています。

ただ行政(国・自治体)にはみんなが住宅を手にするときにはいろいろな補助や支援を行う制度を決めエコポイントをはじめとする補助金・助成金などの支援制度を整えています。せっかくの好意なので大いに活用しましょう。

  • 太陽光発電システムを設置する
    助成制度で今最も注目されているものです。国、市など条件が変わりやすいのでよく調べて利用しましょう。
  • ブロック塀ではなく生垣にする
    地震被害を意識した制度です。大地震ではブロックが倒れて人命を脅かすことがあり、補修を含めて生垣の防犯防災に関するものがあります。
  • 雨水タンク・集水升などを設ける
    エコと地域防災の一環です。現代では地面はコンクリートやアスファルトで覆われた面積が増え大雨で雨水を吸収できず災害に連動しています。
  • 長期優良住宅にする
    実際はエコと高性能住宅を目指した制度です。建物の性能を上げ断熱や気密、バリアフリーなどの性能を上げることで、その公的ローンの金利援助を受けられます。
  • バリアフリーにする
    高齢者の福祉政策の一環です。高低差や手摺などバリアフリー化をすることでその補助が得られます。
  • 地元産の木材を使う
    木造住宅を建てるとき地産地消の制度を決めて補助をしている行政や支援組織があります。

など、実にたくさんあります。これから建てようとする方はぜひ活用してほしいですね。

執筆者:馬木浩重&笹沢竜市

馬木浩重(うまきひろしげ)PROFILE

愛媛県新居浜市出身。
工学院大学工学部建築学科卒業後、昭和50年から大和ハウス工業に勤務。
そこで、注文住宅設計、街づくり、住まいコーディネート、造成開発等、さまざまな仕事にたずさわる。

平成10年に独立し、1級建築士事務所(有)ヒューマンを設立。
個人住宅、集団住宅の設計を手がける。
国内外のランドスケープ関連プロジェクト、都市計画などを多数こなす。

1級建築士、1級建築施工管理技師、インテリアプランナー、宅地建物取引主任者、住宅性能評価員、日本建築学会員、住宅設計連合会員、AAPメンバー、エクステリア&ガーデンアカデミー選任講師、日本ガーデンデザイナーズ協会(JAG)設立メンバーで理事など……住宅設計におけるさまざまな肩書きを有している。