タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 株式会社ハシモトホーム

株式会社ハシモトホーム

まちに咲く、まちに根づく。

私たちハシモトホームは、創業以来ずっと青森・岩手・秋田の地に密着して注文住宅や分譲住宅の建築、そして不動産探しやご売却のお手伝いをして来た会社です。私たちは、家づくり・まちづくりを通して、私たちを育ててくれた地域社会への恩返しと、私たちを選んで頂けたお客様の幸せを願い住宅を造り続けて来ました。累積のお引き渡し棟数も7,000棟を超えるものとなりました。でも、6,000棟という数字は、あくまで建物の数に過ぎません。むしろ私たちは7,000のご家族の笑顔を頂けた結果と受け止めています。これからも住まいと土地のご縁を大切に、ご家族の笑顔と幸せを願って、東北の地に根ざした会社として努力して参ります。

お客様にぴったりな住まいをご提案

外観には、もちろんこだわりたい。でも、間取りや収納にはもっとこだわりたい。
ハシモトホームでは、そんなお客様のご要望にお応えするため、様々な生活スタイルに合わせた住まいを、数多く建築してきました。住まいづくりは、一生に何度もあるものではありません。お客様のわがままを、全てお聞かせ下さい。

基本情報

企業名 株式会社ハシモトホーム
所在地 〒031-0001 青森県八戸市類家四丁目5番2号
交通アクセス
問い合わせ先 TEL:0178-71-1700
FAX:0178-71-1780
対応可能エリア 青森県、秋田県、岩手県 詳細な対応エリアを見る
設立 1977年11月7日
代表者氏名 橋本吉徳
資本金 3,000万円
従業員数 151名
こだわりポイント
対応可能工法
アフター保証 お引き渡し後、10年間は毎年年一回、当社スタッフがお宅におうかがいいたします。
各種資格者 一級建築士 12 名
二級建築士 38 名
宅地建物取引主任者 33 名
一級建築施工管理技士 2 名
二級建築施工管理技士 9 名
一級土木施工管理技士 1 名
二級土木施工管理技士 2 名
インテリアコーディネーター 3 名
応急危険度判定士 1 名
瑕疵保証検査員 9 名
気密測定技能者 6 名
増改築相談員 4 名
耐震技術認定者 23 名
各種免許 【建設業許可】国土交通大臣(般-25)第25300号
【宅地建物取引業】国土交通大臣(5)第5379号
会社URL http://www.hashimotohome.com

弘前市 T様邸

室内は家族のコミュニケーションを考慮したリビング階段のあるダイナミックな吹き抜けリビングを中心に、1階の生活スペースと2階のプライベートスペースが自然とつながる開放的な快適空間。 とりわけリビングに設置の薪ストーブと2階まで伸びる煙突は存在感があります。 ご主人と奥様が一番こだわった古民家風の小上がりダイニングでの団らんは、家族みんなのお気に入りの時間とのこと。

床面積 152.37m2 46.091坪
床面積備考 152.37m2(46.09坪)
所在地 青森県弘前市
コンセプト ツーバイフォーで薪ストーブのある住まい!古民家風の小上がりで家族団らんが楽しい!

ミセスの家

主婦が納得するこだわりの設備が一つの家になりました。

コンセプト 主婦100人の意見を終結した、主婦が納得するこだわり設備

※クリックして拡大。

四季を愉しむ家

外のオープンテラスと続くインナーテラスは、四季を通して愉しめる第二のリビングとして光あふれる開放的な空間です。

コンセプト ガーデニングスペースをとり入れ、四季の彩りを演出した住まい。

※クリックして拡大。

隣居型二世帯住宅

2世帯住宅を建てるときポイントになるのは、生活スペースをどこまで一緒にするかということにあります。
この住まいの2世帯をつなげる共有スペースは、1階リビング横のインナーテラスになっています。キッチン、お風呂などはもちろん、リビング・ダイニングも2つ用意し、親世代、子世代がそれぞれの生活スペースをもてる設計になっています。

コンセプト 親世帯、子世帯をインナーテラスでつないで。

三世代が集う家

世帯間の接点をプランに反映した多世代型住宅。
親世帯と子世帯、共に暮らす喜びが生まれ、いつまでも家族の笑い声が絶えない家を目指しました。
心の絆が深まる二世帯住宅のコンセプトのもと、気兼ねない生活が送れることを基本にしつつ、親・子世帯それぞれの居住空間を、吹き抜けでつなぎ、お互いの気配が感じられるよう配慮した設計になっています。

コンセプト こころの絆が深まる二世帯住宅

※クリックして拡大。

高齢者にやさしい家

車イスに対応した、高齢者へのきめ細かな配慮が、暮らしをやさしく包みます。
オール電化で、より安全で健康的な生活を追求しました。
高齢化社会に対応する、今求められる住まいの基本を追求しました。車イスを使用しても、生活が送れると同時に孤立しないような配慮もしています。

コンセプト 車椅子でも家族と一緒に快適生活
まだ登録がありません。