タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 学ぼう!注文住宅の家づくり講座

注文住宅の家づくりでいちばん大切なこと

「注文住宅の家づくりをする上で大切なこと」 それは、結局、住む家族の個性です。
家づくりでいちばん大切なのは「生活スタイルを、どうイメージするか?」。
個性は、本当に十人十色。
その個性を生かした住まいのテーマを決めることが重要です。
住まいのテーマを探すには、気持ちをリラックスさせて、落ち着いた雰囲気の中で思考すれば、住まいのテーマとなるキーワードが浮かんできます。
身近なテーマとして「家族の暮らし方」があります。
夫婦がいて、子どもがいて、性格も違います。
でも、結局は、家族全員が「必ず帰ってくる場所」……それが、家なのです。

「家」とは、ただ単なる空間、箱、モノではありません。

――時には、無邪気に遊びまわる子供が楽しく過ごせる場。
そこには、家族のふれあいがあり、家族のドラマが生まれます。
だからこそ、さまざまな感情をやさしく包みこむ「住まい」が必要なのです。

動線を十分に考えたゾーンニングが家の使い勝手につながる。

家というのは、玄関があって、居間があって、台所があって、お風呂があって…と、単純に言ってしまうと、無味乾燥、味気の無いものになってしまいます。

注文住宅の間取りを考える上では、住む人が「ここでなにをしたいか?」、「ここでどのようにしていたいのか?」を明確にしておくことがポイントなのです。

居間なら、そこは家族全員の遊び場にしたいのか?
それとも、食事中心の空間にしたいのか?
子ども部屋では、しっかり勉強をしてもらいたいので、静かな落ちついた空間にしたいのか?
それとも、明るい家族全員の声が聞こえやすい空間にしたいのか?
……など、だれが、どこに、どこで何をしたいのか?を考えることです。

そのためには、家のゾーニングと動線づくりから始めることです。ゾーニングとは、家の中での役割の範囲を決めることなのです。水周りゾーン、生活ゾーン、個室ゾーン、パブリクゾーンという形です。

動線とは、まさしく「人が家の中で動きやすい線」をつくることです。生活動線、水周り動線、キッチン動線などです。最近は、家族の人数が少なくなってきているので、最低限、家族の接点を、できるだけ多くしてあげるようなゾーニングと動線が好まれます。

たとえば、リビングのあり方。今までは、帰ってきてすぐに階段を登って自分の部屋に直行していたのを、リビングに、まずは、顔を出せるような設計を考えます。家族全員が一回は集まる場所=リビングという考え方です。注文住宅の間取りを作成する上では、「動線が優れた家」を考えることが重要なのです。

その人にとって『使い勝手が良い家』が、本当に正しい家づくり。

今後、求められる家というのは、小家族で、暖かい家です。現代の若い人たちの多くが、もともと核家族化した部分から始まっています。家族はひとつの家に住むべきだという考え方は希薄です。だからこそ、「小家族だけど、暖かさがある家」を理想に掲げなければならないのかもしれません。温度だけではなく、メンタル部分も含めて、すべてが暖かい家です。

従来のLDKという形態も変化しつつあります。リビングが淘汰されて、ダイニングとキッチンの重要性が高まっているのです。ダイニングがくつろげる空間であるリビングも兼ね、さらに、キッチンも、だれもが遠慮せずに入っていける共有空間として可動します。

今は、相当に気心の知れた人しか家に上げません。だから、来客があるといっても、すべて相当に親しい人ばかり。迎え入れもダイニングでOK。キッチンにも自由に行き来してもらってもかまわない。こういう現代的発想が、LDKからDK設計という変化につながったのだと考えます。また、別の意味で、LDKからDKへの変化は、使いこなせない無意味な空間を少なくして、活きた空間にするという意味でも、ひじょうに良い発想なのです。

今までの建築というのは、使わない空間、使いこなせていない空間が、あまりにも多すぎます。何年間も、だれも使っていないような空き部屋などです。日本語の「MOTTAINAI」なんて言葉が世界的に流行していますが、やっぱり、家も、すべて使いこなさないと「もったいない」です。家全体をフル稼働できるような使い方が大きな課題です。

すべてをうまい具合に使いこなすためにも、家の「使い勝手」というものが重要になってきます。これは間取りだけでの問題ではありません。生活動線、水周り動線、そして風通しなどを十分に考え抜いた「使い勝手」です。

家は、一度建ててしまえば、建てかえることはむずかしい。そのことを最初から十分に考慮して「使いこなしやすい家」に設計していくことが重要です。家族全員が動きやすい家、すべての空間を使える家。これが現代の良い家です。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | >>