タウンライフ家づくり

注文住宅の間取り作成と費用相場の比較ならタウンライフ家づくり。

トップページ > 学ぼう!注文住宅の家づくり講座 > 間取りで子どもの健康を考える

間取りで子どもの健康を考える

家は運動場。
家づくりにおいて、子供の健康を考えるうえで「子どもの成長に抵抗力をつける家」あるいは「自然治癒力を回復する家」がテーマになってきます。小さい子供にとって「家の中を走り回れる」間取りも大切です。

自宅という場所は子供にとって本当に安心な場所なのです。

5歳までは部屋の間取りの広さが10mあれば十分です。子どもにとってはその距離の空間は大空間です。直線でなくても問題ありません。「部屋の中で走っても5歳までは叱らない」という考え方。この教育方法も子どもの足腰を鍛え、健康に育てることができます。

また内部インテリア素材などに木材や自然素材をうまく使う間取りも健康維持の資格が多いにあると思います。「子どもを一歳までに森林の中につれて行けば喘息がなくなる」。そんな免疫医療もあります。

森の中には免疫力を付ける効果があるようなのです。ですから、私たち人間も自然の1員であり、生命体が本来持っているものは医療や調整環境の文明の力を借りるより自然環境の中でより活性化するのではないのでしょうか。

今までの間取りでは自然との有効な接触が少なすぎると思います。人間の身体は1日に1千億の細胞が生まれ変わる工場なのですから。特に成長の早い子供にとって自然との交流が重要なことでしょう。

庭を活用した間取りとは

室内と庭の一体化を中心とした間取りを考える。庭空間をうまく活用しているでしょうか?

かつて庭は造園としての考え方から、見るために作られてきました。しかし今はおおいに活用するべきでしょう。絆の時代として家族や友人たちとのパーティや有機野菜をつくる家庭菜園などが進行しそうです。

庭を生活空間として活かすには、例えばリビングやダイニングと同じ高さでウッドデッキを出すなどをすれば、室内からの開放感は、実際の広さや視線の広がりにおいてもかなりのものになります。つまり平面図ではわかりづらいですが、室内を外部と一体化することですね。

また庭は近隣に「隠さない」ことと「みんなが使う庭」にすることが大切です。「隠さない」庭は一種の公共スペースとして考えれば、樹木の成長やガーデニングは近隣に影響をあたえる空間ですし、コミュニケーションを育むこともできます。

そして果樹やハーブなどを植えて、見る庭から収穫など使う庭にすることで、暮らしと庭の関係はもっと深いものにすることができます。

金運がアップする間取りとは

収益を上げる家。
かつては家の向きや玄関、部屋の位置によって栄える家とそうでない家があるとよく言われてきました。しかし現実にそれほど広くない敷地に理想どおりの家づくりは難しいことが多いですね。

本来住宅は生き物と同じで時がたてばメンテナンスが必要になり、家族構成が変われば内部の使い方も変わり、増改工事なども発生してきます。一般的には月に10000円程度の維持管理費は見ておかねばなりません。

金運がアップするとは将来にかける費用をいかに効率よく少なくするかにかかってきます。普通の家庭では住宅でお金を稼げるのは難しいですね。
しかし都市部では二世帯住宅や賃貸併用住宅にするなど、収益を上げる家にすることを考えられます。

土地や立地の有効利用を最初から考えておけば、将来の「私的年金」としても役立ちます。初めて建てる家であっても、店舗付きの住宅にする、賃貸スペースのある家にするなどのことも考えてみましょう。

また私的に起業家として事務所空間を確保する方法などがあります。これからは年金問題や雇用問題でどうしても家庭内収益が心配になる時代になって来ました。価値ある資産をより高める方法も考えてはいかがでしょう。

<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | >>